読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

美しい福岡県の板碑(いたび) 宗像市 鎮国寺(ちんこくじ)

福岡県宗像市

福岡県で板碑(いたび)をみたのは、これがはじめてです。この板碑は福岡県宗像市にある鎮国寺(ちんこくじ)の境内に祀られています。

宗像市が発行している「宗像遺産-文化遺産編-」をみていて、この板碑が紹介されていました。このような本に乗せられている写真を撮っているのは、さすがプロですね。その写真の美しさに、ぜひこれは見てみたいと思って、鎮国寺へ足を運んだわけです。

 

本に掲載されている写真は、照明を使ったのか、自然光で撮ったのかはわからないけど、しっかりと陰影が写されてて、板碑の凹凸がはっきりとわかります。なんて美しいんでしょう。

 

実は、鎮国寺にこの板碑を探しに行ったのは、二回。一回目はどこにあるのか探せなかったんです。家族を待たせていたので、あんまり鎮国寺境内をうろうろしているのも悪いと思ったので、その日はあきらめました。

 

二回目の2017年3月20日は、じっくり探せるよう時間を十分にとりました。どこにあったかというと↓、航空写真でいうとこのあたり。鎮国寺本堂の南西にあたる丘の上でした。

鎮国寺の板碑:福岡県宗像市吉田984

現在地から鎮国寺の板碑:Google Maps

 

境内にある「一休庵」というお土産屋さんの裏っかわに、山道がのびています。この山道には四国八十八箇所めぐりに倣って八十八体の石仏が祀られています。石仏の台座に、個人名や住所が刻まれているところをみると、石仏一体一体は個人が奉納したものだと思われます。

そんな石仏の78~80番札所がかたまる場所に、目指す板碑が祀られます

板碑には阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)が刻まれ、如来さまの親指と人差し指は輪っかをつくるように結ばれています。

この結びかたは上品中生来迎印(じょうぼんちゅうじょうらいごういん)というそうです。この印は、阿弥陀経(あみだきょう)を持たないで、お経を読むことができなくても、正しい道理に沿って生きたひとは誰でも浄土に導かれることを示す印なんだそうです。

阿弥陀如来の下には、元永二年(1119年)に、この板碑が造られたことが刻まれています。造ったひとは沙弥妙法(しゃみみょうほう)という人物。

 

この妙法というかたは、以下のものも造ったという記録が、この板碑に記されています。

 

・十二万本の卒塔婆(そとば)

・金銅の阿弥陀

・仏菩薩の画像、天蓋(てんがい)・幡(ばん)・華鬘(けまん)などの装飾

・極楽を飾る宝樹・迦稜頻伽(かりょうびんが)

・弥勒仏頭など

 

大分県では、古いお寺をめぐっていると板碑が祀られているのをよく見かけたのですが、福岡県ではこのような板碑はあまりみかけません。庚申塔(こうしんとう)のように、古い時代に造られていたものなんでしょうね。

 

板碑をネットで調べてみると、

板碑(いたび)は、主に供養塔として使われる石碑の一種である。

板碑は中世仏教で使われた供養塔である。板碑 - Wikipedia

 

…とあり、今でいうお墓にある卒塔婆(そとば)のようなものと解釈しました。昔は石で作られていた板碑が簡略化されて、木でつくられるようになったんでしょうか。

広告を非表示にする

不動明王様にまつわる石仏がたくさんある中山不動尊に行ってみた 福岡県鞍手郡

福岡県鞍手郡

福岡県鞍手郡にある中山不動尊にいってみました。ここに「身代わり不動尊」と呼ばれる木製の不動明王様が祀られていて、これが国指定の重要文化財なんだそうです。参照

中山不動尊 - 鞍手町歴史民俗博物館

 

 

 結論からいうと、目当ての「身代わり不動尊」はお堂の中に祀られていて、見ることはできませんでした。だけど、境内にはたくさんの不動明王様の石仏と、不動明王様の手足となる童子(どうじ)の石仏があって、これを拝観することができました。

 

その石仏の写真をざざっとアップしてみたいと思います。

 

まず↓こちらが参道入口の右側に祀られている不動明王様。

大正15年12月吉日の文字が足もとに刻まれています。

がっちりはっきりと浮き彫りされていて、爽快感が感じられますね。立派な不動明王様です。

参道の階段をのぼっていきます。

境内にはいって、すぐ左側に十三仏と子安観音がずらっと横2列になって祀られています。

なかでも不動明王像は何体かあって、さすが中山不動尊という名前の神社だけあります。細かく顔のしわまで刻まれている精巧な不動明王様もあれば、ざっくりとした形を彫りだした素朴な不動明王様も、なかにはあります。いろんな石工さんが彫ったものをこちらにひとつにまとめたように思います。

本堂へすすみますが、お堂はしまっていて、中の様子は暗くてあまりよくわかりませんでした。

 

本尊である「身代わり不動尊」が祀られているはずですが…鞍手町歴史民俗博物館のサイトで画像はみることができます。

 

平安時代後期の作と思われる本尊は、虫による被害や傷などで形が崩れており、歴史の流れを感じさせますが、力強い怒りの顔つきに堂々とした迫力があります。 中山不動尊 - 鞍手町歴史民俗博物館

 

本尊はあきらめるとして、本堂の裏っかわにも回ってみることにしました。

 

そしたら、まだまだ石仏がたくさん祀られているではありませんか。これらの石仏は、不動明王様の手足となって実務をこなしてゆく童子(どうじ)です。

↑上の不思議童子や、↓下の小光明童子 (しょうこうみょうどうじ)など、36もの童子がおられます。

どうしてかはわからないけど、こういう石仏に心ひかれるものがあって、庚申塔や石仏を探す目的で神社・仏閣を周っている日々を送っています。心惹かれる「何か」が、ぼんやりとでもいいから、いつかわかるといいなと思っています。

広告を非表示にする

宗像大社でもっとも神聖な場所 高宮祭場

福岡県宗像市

福岡県宗像市にある宗像大社。なにげなしに、初詣などで訪れることがあるのですが、改めて調べてみると、かなりすごい神社なんですね。この宗像大社の名がつけられている神社って、日本全国にあるなんてはじめて知りました。

 

日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社である。宗像大社 - Wikipedia

 

宗像大社は、沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三社の総称なんだそうですが、沖ノ島から出土した指輪や焼き物など8万点の品は国宝に指定されています。

 

そんな宗像大社で、もっとも神聖な場所のひとつである高宮祭場に行ってみました。

高宮祭場は宗像大社の本殿から南に10分弱歩くと着きます。

第二宮(ていにぐう)と第三宮(ていさんぐう)のそばを通り抜けて、木漏れ日が気持ちいい鎮守の杜を歩いていきます。

 途中、橋を渡り…

長い階段を登りきると…

ちょっとした広場に、大きな樹が二本。この樹にかぎらず、宗像大社境内には他にも立派な樹々が育っています。

これは樫の樹かな。3月中旬にもなると、陽の当たる場所は温かくなってきましたが、この杜の中はまだひんやりとしていました。

 

↓こちらが宗像大神が降臨したとされる高宮祭場です。

神々が降りてくる山や杜を神奈備(かんなび)というそうです。宗像大社に社殿がたてられたのは奈良時代から。それ以前は、こういう山の一角を神奈備という神聖な場所としてあがめました。

これら立派な樹木を神様が降りてくるための目印としていたのですね。

つい二か月くらい前に、宗像大社に初詣に来たのですが、そのときはたくさんの人に圧倒されて、本殿にお参りもせず帰りました。ましてや、ここ高宮祭場の存在も知りませんでした。

 

道の駅「むなかた」情報コーナーで、「むなかた文化財マップ」という無料の冊子をいただいて、高宮祭場のことを知りました。そこで行ってみることにしましたが、いやー清々しい気持ちになるいい場所でした。

 

道の駅の情報コーナーって、地元の文化財とか観光スポットとか、詳しい情報を知れるので、これからも利用してみようと思いました。

広告を非表示にする

神社の由来がそのまま村の名前になった 笠松神社 福岡県宮若市

福岡県宮若市 福岡県の庚申塔

神功皇后伝承を歩く(上)」不知火書房 綾杉るな著、を読みながら神社巡りをやっていて、同時に神社境内にあるかもしれない庚申塔も探し回っています。

 

今回は、「神功皇后が松の樹に笠をかけると、その松の樹が大きくなって、神功皇后を風雨から守ってくれた」という伝承が残る、笠松神社に行ってみました。

少し高い場所にある、小さな境内の神社でした。見晴らしがよくて、「神社は樹木におおわれうっそうとしている」というイメージとは違う神社でした。

笠松神社の場所:福岡県宮若市四郎丸1856−4

現在地から笠松神社:Google マップ

神功皇后の伝承が残っている神社をたどる神功皇后伝承を歩く(上)」では、近くの春日神社から、今回の笠松神社までの行程も紹介しています。そうか、神功皇后がこのあたりを旅した時期は真冬だったんですね。

笠松神社には残念ながら庚申塔は祀られていませんでした。

広告を非表示にする

福岡県鞍手郡にある庚申塔 木月

福岡県鞍手郡 福岡県の庚申塔

庚申塔はどこにあるかな?とアンテナを張りながら、車を運転していると、最近はなんとなく庚申塔のある場所がわかるようになってきた感じがします。

 

あの石塔って、庚申塔じゃないか?と思って、車を停めてじっくり見てみると、やっぱり庚申塔だった、なんてことも。そんな感じで見つけられた庚申塔がこちら↓。

道路右わきにある、お堂らしきものが石垣の上に建っています。なんとなく、庚申塔なのかなと思ってチラッと見てみたら、やっぱりそうらしい。

 

場所:福岡県鞍手郡鞍手町木月1274

現在地から宮若市庚申塔Google マップ

実際には、表面の刻印は風化してて、詳細は確認できませんでした。もしかしたら庚申塔じゃないかも。でもこの円柱の独特な形といい、加工が過度に加えられてない自然石そのままという感じといい、庚申塔っぽいですね。

 

自然石崇拝は巨大な石、あるいは形態に特色のある石に、霊威ある神の霊が宿っている、と信じるところからおこるのである。石の宗教 (講談社学術文庫)五来重

 

木月の集落をgoogleマップで見てみると、周囲は田畑に囲まれてて、田園の海にうかぶ小さな島のようになっています。その島の北側と南側に、それぞれ須賀神社と剣神社が祀られていますね。古くからあるこういう集落の神社には、なんとなく庚申塔も祀られているような感じがあります。

こういう目ぼしをつけて、実際訪れて、庚申塔がほんとにあったりするとうれしいですね。機会があればこのふたつの神社にも足を運んでみたいですね。

広告を非表示にする

前から気になっていた「マヨたこ」というたこ焼き屋さんに行ってみた 福岡県中間市

福岡県中間市

福岡県 遠賀川の土手を南下していると、中間市役所の対岸にあたる場所に、気になるお店があります。マヨたこ(中間店)。

マヨネーズがいっぱいかかっているたこ焼きなのか、たこ焼きのなかにマヨネーズがたくさん入っているのか。いずれにしても、マヨネーズがたくさんありそうなたこ焼きなので、おいしいのマヨネーズ好きにはうってつけのたこ焼きなんでしょうね。

 

土日祝日のみ開いているお店で、たまたま日曜日で仕事が休みの日に、ここを通りかかったので、意を決して行ってみることにしました。

 

 

場所:福岡県中間市垣生94−1

現在地からマヨたこ中間店:Google マップ

 

車通りの多い県道27号線からは少し外れたところにマヨたこはあります。ちょっと寄りにくさはあるものの、駐車場が広いので、ここにゆっくりと駐車します。

到着すると、先客が一組いらっしゃいました。以前にも、休日通りかかったとき、マヨたこにはお客さんがおられました。

 

メニューはシンプルにマヨたこ一本です。たしか値段は400円。はっきりと覚えていないので、まちがっていたらすみません。ほかには冷凍のマヨたこがあって、これはなんと200円。電子レンジでチンするんでしょうか。もちろん今回は普通にホカホカのほうを注文しました。

なんともおいしいそう。箸でつまむと、すぐに崩れてしまいそうなほどフワフワです。外がカリカリ、中がトロっとしたたこ焼きとは一線を画しているようですね。どうも外にマヨネーズがたくさんかかっているんじゃなさそうです。そうすると、中にマヨネーズが入っているのかな。

やっぱりそうでした。たこ焼きの中にたっぷりのマヨネーズが。フワフワ、トロトロでこれはおいしい。

しかもタコが一個一個大きいですね↓。

全部で10個。まんぞくでした。

 

それにしても、マヨたこというお店が気になります。中間店…ということは、ほかにもお店があるのかな。

調べてみたけど、ホームページはありませんでした。

 

本社が鹿児島県阿久根市というところで、他の支店は鹿児島や宮崎と南九州にあつまっていました。九州の北部では、福岡県の中間市でしか食べられないんですね。

宮崎県の支店では、たこ焼きのほかに、お好み焼き、山芋焼とかたくさんメニューがあるようです。たこ焼きも一種類じゃなくて、チーズ入りとかシーチキン入りとか、納豆入りとか、たくさん種類があるようです。おもしろいお店ですね。

広告を非表示にする

福岡県飯塚市にある十三仏を訪ねてみた 筑前内野

福岡市飯塚市 福岡県の庚申塔

筑前内野という場所に十三仏を探しに行ってみました。十三仏というのは、13体の菩薩や如来像のことで、筑前内野に祀られているのは石仏です。ウィキペディアでは、「十王をもとにして、江戸時代になってから日本で考えられた冥界の審理にかかわる13の仏のこと」、と紹介されています。

福岡県にはどんな石仏があるのか興味がでてきて、ネットで調べてみたら、飯塚市にあるという、この十三仏が目にとまり、ぜひ行ってみたくなったのです。

 

筑前大野の十三仏: 福岡県飯塚市内野3211

現在地から筑前大野の十三仏Google マップ

 

十三仏は具体的には、①不動明王、②釈迦如来、③文殊菩薩、④普賢菩薩、⑤地蔵菩薩、⑥弥勒菩薩、⑦薬師如来、⑧観音菩薩、⑨勢至菩薩、⑩阿弥陀如来、⑪亜閦如来(あしゅくにょらい)、⑫大日如来、⑬虚空蔵菩薩、のこと。

 

筑前内野の十三仏は大きなイチョウの樹の下に祀られていました。

この場所は、江戸時代に使われていた長崎街道の一角です。昔の人はこのイチョウの樹を目印にして、飯塚から、筑前内野にある内野宿、太宰府の方向へ歩を進めていたんだそうですよ。

 

それにしても、立派な石仏です。

十三仏は大きく分けて、不動明王、菩薩、如来の三つに分けられるようですね。偉い度でレベル分けすると、1.如来不動明王)、その次に2.菩薩となるのでしょうか。

 

如来はすでに悟った存在。菩薩は如来の次に悟ることを約束された存在なんだそうです。ちなみに不動明王大日如来の化身といわれています。

如来を区別するのは、その手の形…印相(いんそう)…をみるのだそうです。【参照「石仏、石の神を旅する」(楽学ブックス)吉田さらら著】

 

例えば、薬師如来は手のひらに、小さな薬壺をのせていて病気を治してくれるのだそうです。

 他にも、片手をあげて手のひらを前に向ける施無畏印(せむいいん)とともに、もう一方の手をさげて手のひらを上に向けた与願印(よがんいん)をしているのが、釈迦如来なんだそうです。↓下の写真だと一番右側の石仏です。

 他にも↓このように、手をおなかの前で組み合わせている禅定印(ぜんじょういん)をしているものも釈迦如来を表しているんだそうです。

手の形を見て、どんな仏様を表しているかが分かるとは知りませんでした。

これだけの石仏をみられてとても満足でした。

 

でも、この筑前内野には、他にも見るべきところがありました。大きなイチョウのすぐそばには、お堂があるのですが、そのお堂の脇に庚申塔がありました。

猿田彦大神と刻まれる文字塔です。街道沿いにあるので、道しるべをしてくださいと願いがこめられたコウシンさまなんでしょうね。

天保十二年とはっきりっと刻まれてて、読みやすいですね。

庚申塔…特に猿田彦大神は道案内の神様なので、もしかしたら、このような街道沿いに多く作られて祀られているのかもしれません。そしたら、福岡県にあった長崎街道とか、唐津街道に沿って庚申塔を探してみるのもおもしろいかも。なんということを考えていたら、また出かけるのが楽しくなりました。

広告を非表示にする