読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

庚申塔(こうしんとう)にきざまれる奇妙な文字 これってなに?

こちらは豊後大野市にある庚申塔群。 場所:大分県豊後大野市朝地町上尾塚 普光寺(ふこうじ)付近 現在地から普光寺庚申塔群:Google マップ おそらく各所につくられた庚申塔を あとになって一か所にまとめたものと考えられます。 根元がコンクリートで固め…

2016年5月上旬 大分県内のイベントをご紹介

各市町村のホームページで気になったイベントを ちょこちょこと ご紹介しています。 2016年5月7日~5月8日に「鏝絵花まつり」【大分県宇佐市安心院町下毛・本町通り】が開催。本町通りは安心院(あじむ)のなかでも特に多くの鏝絵(こてえ)がみられる。書画…

2016年4月のチューリップフェスタ 屋台ではタイラギ貝がいちばんヒット 豊後大野市緒方町

今日、2016年4月10日がいちばんひとが多かったんでしょう。なにしろ、イベントめじろおしだったので。 ・音楽祭 ・足湯 ・手作りエコバック体験 ・ウォーキングスタンプラリー ・響舞(ゆらぶ) ・バルーンアート ・たくさんの屋台 それに、大分県のローカル…

阿蘇山と大野川の力で生み出された名瀑 沈堕の滝(ちんだのたき)

高さ:20m 幅:110m 大分県では、原尻の滝(はらじりのたき)に並ぶ名瀑。豊後大野市にある沈堕の滝。この滝のいろんなサイトや雑誌の紹介文では必ずといっていいほど雪舟の名がでる。 室町時代に雪舟がこの地を訪れ、「鎮田瀑図」を描いているという。原画…

パン工房 La Buca(ラ・ブーカ)  道の駅「きよかわ」は”おいしい”の宝庫

麹菌を用いてふくらませた”酒まんじゅう”や、桃のいい香りが鼻に抜けてゆく”ももソフト”、そして個人的に好きな「鶏飯コロッケ」などなど、”おいしい”の宝庫 道の駅「きよかわ」。今回はおいしいパン屋さんの紹介。 パン工房 La Buca(ラ・ブーカ) 場所:大分…

日本最大の磨崖仏は豊後大野市にあった 普光寺(ふこうじ)磨崖仏

国東半島の熊野磨崖仏が県内最大と思っていたけど違ってました。 中央、高さ11.3mの不動明王像。普光寺(場所:大分県豊後大野市朝地町上尾塚1225)にあるものが、磨崖仏のなかでは日本最大。(ちなみに国東半島の熊野磨崖仏の不動明王は高さ8m) 左側に制…

人里はなれたパン屋さん Kichen Usuda with yama cafe(キッチン ウスダ ウィズ ヤマカフェ)

こんな場所にパン屋さんがあるの?という不安をいだきながら山道をすすみました。 目指すは、山奥にあるパン屋さん「Kichen Usuda with yama cafe(キッチン ウスダ ウィズ ヤマカフェ)」。 場所:大分県豊後大野市緒方町平石2433 もともと東京の銘店でブー…

からあげ「きよかわ」 サクサクの唐揚げが印象的でした

道の駅「きよかわ」の真ん前…からあげ「きよかわ」。場所:大分県豊後大野市清川町砂田1571−1からあげ大の、このボリューム!そして店主さんの気さくな人柄が印象的なからあげ屋さんでした。……………………………………………外観はこんな感じ。道路をはさんで、道の駅の反…

着地

豊後大野市緒方町のふつうの道ばたで

『アルプスの少女ハイジ』を訳した小説家 デビュー作は「原尻の滝」で有名な豊後大野市が舞台

大分県臼杵市生まれの小説家 野上弥生子(のがみやえこ)氏。この方が訳した『ハイヂ』が、1920年に『世界少年文学名作集 第8巻』として発行されたそうです。 野上弥生子 - Wikipedia 「多くの少年少女たちにもこれらの可憐な子どもたち(ハイジとペーター)…

新食感な惣菜なんです! 道の駅 きよかわ 鶏飯コロッケ

今のところ、ここ大分県の「道の駅 きよかわ」でしか見つけられていない「鶏飯コロッケ」~。個人的には大好きなんですが、人によっては意見が分かれるかも。 これが外観ですが、見た目普通のコロッケよりもまん丸な感じですね。 サクっとしたコロモのなかに…