日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、庚申塔を中心に史跡を巡っています。主な行動範囲は九州北部。Nikon D750を使って史跡の魅力を写真でおさめられたら…と試行錯誤しています。

福岡県の庚申塔

福津市津屋崎3丁目の庚申塔

福津郷土史会が作成したという福岡県福津市の庚申塔マップをみながら福津市の庚申塔をさがしてみました。マップ上記録されているデータを参照しなければ、とても探し出せないような庚申塔がぼつぼつとありました。今回の庚申塔もそんななかのひとつ↓ 場所:…

名島神社の庚申大福神

場所:福岡県福岡市東区名島座標値:33.6450558,130.4220040 庚申大福神という銘は初めて見ました。とても大きな庚申塔です。名島神社へあがる参道入り口に祀られるいくつかの庚申塔のひとつです。

遠賀郡遠賀町鬼津の庚申塔

遠賀郡の町にある神社を巡って庚申塔を探しているとき、道路わきで見つけた庚申塔です。三叉路の一角に祀られていました。庚申塔の背後には小さなお堂がありました。 場所:福岡県遠賀郡遠賀町鬼津 座標値:33.867508,130.665140 庚申塔の正面に「奉請 庚申…

大迦登神社の猿田彦大神 飯塚市大門

福岡県飯塚市大門座標値:33.654655,130.72833 石塔と祠が祀られていますが、左から三番目の石塔が庚申塔です。 「文化二 乙丑 歳」が正面に向かい右側面に、左側面には「二月廿五日」が刻まれます。乙丑は「きのと うし」。 文化二年は1805年。廿五日は二十…

大己貴神社の庚申塔 福岡県朝倉郡筑前町

場所:福岡県朝倉郡筑前町弥永 大己貴神社 座標値:33.442113,130.653468 「幸神」とのみ刻まれた巨大でシンプルな庚申塔です。この石塔の前後左右には建立年は確認できませんでした。 幸神とはどういう神さま? ところで幸神(さいのかみ)というのは、どう…

街道沿いの庚申尊天 福岡県朝倉市

場所:福岡県朝倉市長谷山座標値:33.462272,130.678787 秋月街道のすぐ傍に祀られる庚申尊天。 庚申塔の裏側に「宝暦九己卯崇正月吉祥日」と刻まれる。宝暦九年は1759年。 「崇」という文字が刻まれるのは初めて見たが”この年に祀りました”という意味が込め…

風治神社近くの庚申塔? 福岡県田川市番田町

田川市の川渡り神幸祭(かわわたりじんこうさい)を観にいったとき、彦山川から魚町にある風治神社へ向かう路地にて見つけた庚申塔です。正確には庚申塔ではなく、「庚申」という文字が刻まれた祠を見つけました。 場所:福岡県田川市番田町 座標値:33.6444…

福岡県道254号線沿いの猿田彦大神 小倉南区朽網

車で県道254号線を北九州市の小倉から京都郡の苅田方面へ向かって走っていると、たまたま道路わきに見つけることができた庚申塔です。 場所:福岡県北九州市小倉南区朽網東 座標値:33.797805,130.965608 正面に猿田彦大神。その右側に文化十三年(1816年)…

地元のかたに場所を教えていただいた庚申塔 直方市頓野

場所:福岡県直方市頓野 座標値:33.753328,130.753446 地元に住んでいるかたに、この庚申塔の存在を教えていただき行ってみることにしました。教えていただいてから初めての探索では、庚申塔を見つけることができませんでした。口頭のみで教えていただいた…

長崎街道の黒崎宿に祀られる興玉神(おきたまのかみ)

場所:福岡県北九州市八幡西区熊手1丁目 くまで通り 座標値:33.86402,130.76935 小倉から長崎まで続く長崎街道。その途中の黒崎宿。1565年に祀られたそう。関の神、塞の神、福の神、庚申の神として今も守られています。 この庚申塔の存在を知ったのはこちら…

国道211号線沿いの猿田彦大神

場所:福岡県嘉麻市桑野座標値:33.505544,130.785920 正面に向かい左側面に「明和三年丙戌□□吉日」と刻まれる猿田彦大神の庚申塔。 明和三年は1766年 干支は丙戌(ひのえいぬ)。 かなり巨大で前に立つと圧倒されます。福岡から大分へ抜ける国道211号線沿い…

頓野(とんの)の猿田彦大神 福岡県直方市

福岡県の福智山から直方(のおがた)の街へ向かって車で走っていると、たまたま見つけた庚申塔です。 道路わきの小高くなった林のなかに石塔が見えたので行ってみると「猿田彦大神」と刻まれていました。 場所:福岡県直方市大字頓野 座標値:33.744034,130.…

青面金剛の種子が刻まれる庚申塔 田川郡赤村

場所:福岡県田川郡赤村内田 県道418号線沿い座標値:33.629105,130.86798 1683年とけっこう古い庚申塔ですが記銘はしっかり残っています。干支は癸亥(みずのとい)。月日まではっきりと読み取れ、「十二月二十三日」の銘が確認できます。 正面真ん中に「奉…

剣神社の庚申塔 鞍手郡鞍手町新延

場所:福岡県鞍手郡鞍手町新延 座標値:33.788979,130.6646846 福岡県鞍手郡には「剣神社」が二か所あります。 ・福岡県鞍手郡鞍手町木月(きづき) ・福岡県鞍手郡鞍手町新延(にのぶ) 今回は新延という地区にある剣神社に足を運んでみました。この神社に…

剣神社の庚申塔群 福岡県鞍手郡鞍手町

福岡県鞍手郡の剣神社。 庚申塔群と藤棚。 場所:福岡県鞍手郡鞍手町木月 座標値:33.808746,130.678160 剣神社のご祭神は須佐之男命、日本武尊、宮須姫の命。宮須姫の命は、夫である日本武が亡くなってから三種の神器のひとつ…草薙剣(クサナギノツルギ)を…

芦屋町山鹿の猿田彦大神 庚申塔

場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿 座標値:33.8993652,130.6687572 ↑天明三年…つまり1783年。干支は癸卯(みずのと う)。その通りに↓癸卯正月吉日と刻まれます。ここまではっきりと文字が確認できると気持ちがいいです。

秋月街道 香春宿でみつけた庚申塔4基

秋月街道をゆく(海鳥社)を読んでいて、福岡県田川郡にある香春(かわら)という町が昔、宿場町であったとの情報を得ました。 その香春宿で↓こちらの庚申塔があると紹介されていたので早速さがしに行ってみることにしました。 香春宿はいつごろ栄えたのか?…

天穂日命の庚申塔 福岡県遠賀郡遠賀町 今泉神社

福岡県遠賀郡遠賀町別府3207座標値:33.846669,130.659696 庚申信仰 (民衆宗教史叢書 第17巻)P219によると、 正徳ニ天正月庚申神者天穂日尊 …の銘がある角柱尖頭型と記載されています。しかし撮った写真をよくよく見てみますと、「正徳二天正月」の部分は「…

シンプルな自然石の庚申塔 福岡県飯塚市川島 宮地嶽神社

以前「幸神と刻まれた庚申塔」という記事の庚申塔の隣にも、「庚申塔」と刻まれるものがあったので、今回はこれをご紹介します。 ooitasyuyu.hatenablog.com 場所:福岡県飯塚市川島 宮地嶽神社 座標値: 33.656522,130.686962 楕円形の自然石に「庚申塔」と…

興玉神庚申塔のとなりの猿田彦庚申塔 福岡県田川郡 福智下宮

先日、↓こちらの記事でご紹介した興玉神の庚申塔。その庚申塔の隣にももうひとつ猿田彦の庚申塔が祀られていました。今回はその猿田彦の庚申塔をご紹介します。 ooitasyuyu.hatenablog.com これらの庚申塔が祀られていたのが福岡県田川郡にある福智下宮。福…

幸神と刻まれた庚申塔 福岡県飯塚市川島

場所:福岡県飯塚市川島 座標値:33.656522,130.686962 飯塚市の北側、川島という地区を遠賀川沿い土手を車で走っていると、巨大な庚申塔をたまたま見つけました。小さな境内に祠のみが祀られる宮地嶽神社。 その神社の入口に鳥居があり、鳥居の左隣に二基の…

一猿一鶏の像が刻まれる興玉神の文字塔 福岡県田川郡福智町

今日は興玉神の庚申塔を探しに3つの社へ足を運んでみました。そのうちのひとつ、福智下宮の境内にある庚申塔をご紹介します。 この庚申塔は「興玉神」の文字が刻まれると同時に、一猿一鶏の像が刻まれるといいます。庚申信仰 (民衆宗教史叢書 第17巻)P218 場…

時間を表す文字「天」について メモ

前回の記事でご紹介した庚申塔の、紀年銘につけられた「天」について追記します。 ooitasyuyu.hatenablog.com 庚申塔の側面に「天明三癸卯天」と、その庚申塔が造られた年が刻まれていました。この文字の「天」について、「国東半島の庚申塔」の著者である小…

熊野神社の庚申塔 福岡県鞍手郡新北

日本最古と言われる庚申縁起は大分県資料4,宇佐八幡宮文書之三,永弘家文書のなかに収められる「庚申因縁記」。書かれたのは1496(明応五)年【庚申信仰 (民衆宗教史叢書 第17巻)小花波平六編p207】 この時代から僧により庚申縁起が書かれるようになり、庚申…

高宮八幡宮の庚申塔 飯塚市伊岐須

「謹請 猿田彦大神」と中央に刻まれ,その右に「元禄十六年」左に「未九月十七日」。元禄十六年は1703年。元禄年間の神道庚申塔は,福岡県の飯塚市・嘉穂郡のほかに熊本県山鹿地方にも広がっていたそう(庚申信仰 小花波平六編p216) 場所:福岡県飯塚市伊岐須…

新旧そろった神道庚申塔が祀られる貴船神社 福岡県嘉穂郡桂川町

福岡県の街道沿いでは猿田彦大神の文字塔をよく見かけます。道祖神的な役割もあると思っていましたが、九州の神道庚申塔は比較的歴史が古いらしいです。庚申信仰 (民衆宗教史叢書 第17巻)によると関東・中部では宝暦(1751-1764)頃から、いっぽう九州では元…

宝満宮にある九州初期の「庚申尊天」 福岡県飯塚市花瀬

以前ご紹介した「庚申塔がたくさん祀られていた神社 飯塚市枝国 宝満宮」の記事を、「国東半島の庚申塔」(大分合同エデュカル)の著者である小林幸弘氏が読んでいただき、”飯塚市にはもうひとつ宝満宮がある”という旨を教えていただきました。 地図で調べて…

徳満宮の庚申塔 遠賀郡芦屋町山鹿

援田彦大神と刻まれた自然石の大きな庚申塔です。援田彦大神の左隣に造られた年が刻まれていたようですが、表面の石がはがれて読めなくなっていました。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿 徳満宮 地図:Google マップ 徳満宮は山鹿の集落の外れにある小さなお宮…

庚申塔がたくさん祀られていた神社 飯塚市枝国 宝満宮

場所:福岡県飯塚市枝国 宝満宮 地図:Google マップ 飯塚市の宝満宮という神社に庚申塔がないか探しに行ってみました。予想に反してたくさんの庚申塔を見つけることができました。おそらく他地域に祀られているものが集められたと考えられますが、参道にた…

秋月街道 千手宿の庚申塔と猿田彦大神

先日、福岡県嘉麻市の千手(せんず)という場所に珍しい卒塔婆があるという情報を得て、その卒塔婆をさがしに行ってみました。結局、卒塔婆は見つけることができませんでしたが、新しいことを発見できました。この千手(せんず)という地域は昔、秋月街道の…