日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

福岡県福津市

福岡県福津市生家の庚申塔

場所:福岡県福津市生家 地図:Google Maps 石祠のとなりに二基の庚申塔が祀られています。どちらも文字塔で、庚申尊天と刻まれています。ただ、↓下に示す自然石型の庚申塔は、造られた年が石の劣化により見にくくなっていました。写真を拡大したり、加工し…

菖蒲のライトアップでゆったり時間 福岡県福津市 宮地嶽神社

宮地嶽神社では、毎年、菖蒲(しょうぶ)まつりが開催されてます。その期間、境内や参道が、菖蒲で飾られる…ということで、行ってみました。 宮地嶽神社:福岡県福津市宮司元町7−1 神社への地図:Google マップ 2017年は5月27日(土)から6月11日(日)の…

福津市 勝浦の海岸にある庚申塔

自然石に、「享保15年 戌年」と刻まれる庚申塔。調べてみると、享保15年がちょうど庚戌(かのえいぬ)という年にあたるそうで、だから、「戌年」なんだな。 場所:福岡県福津市勝浦 地図:Google Maps 庚申塔が建っている日吉神社の目の前は、すぐ海が広がっ…

年毛神社(としもじんじゃ)の庚申塔 福岡県 福津市 勝浦

以前、この「年毛(としも)神社」に庚申塔を探しにきたけど、人がたくさんいたので、結局、神社境内には入らず、引き返した思い出があります。今回は、神社に人はおらず、ゆっくり神社境内を散策することができました。 場所:福岡県福津市勝浦943 年毛…

福岡県福津市 勝浦の庚申塔

福岡県福津市の勝浦という地区。ここに庚申塔がありました。メモしておきます。 勝浦の地区をつっきる福岡県道528号線。これを南に向かって車で走っていると、右側に小さなお堂がみえてきます↓ お堂というか、祠というか。 福津市 勝浦の庚申塔:Google Maps …

ナマズの狛犬がある神社で庚申塔さがし 福岡県福津市 大森宮

福岡県福津市の庚申塔を探していると、なんて珍しい。ナマズの狛犬がある神社がありました。 どうしてナマズが狛犬なのか?気になったので調べてみました。このサイトがわかりやすく解説してくれていたので、ポイントをピックアップ↓。 大森宮の場所: 福岡…

福岡県福津市 大石の庚申塔(こうしんとう)

福岡県福津市にある大石という地区に庚申塔を探しに行ってみました。 ここは、新原・奴山古墳群がちかくにあって、のどかな田園風景が広がっています。大石はこんな感じの山裾にある小さな集落ですね。 大石の奥まったところに、お宮があります。googleマッ…

福岡県福津市 渡(わたり) 地蔵堂となりの庚申塔

福岡県福津市にはたくさんの庚申塔があります。福津市のひとつの地区、渡(わたり)。この地区にある地蔵堂の脇にも庚申塔が祀られていました。 県道502号線から脇にそれて、梅津という集落を車で走ってゆきます。車一台がやっと通れるくらいの狭いみち。 ↓…

宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)の庚申塔

光の道や日本一大きいしめ縄で知られる、福岡県福津市にある宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)。この神社の境内にも庚申塔(こうしんとう)は祀られていました。 ↓宮地嶽神社駐車場は無料なので、ここに車を停めて、徒歩で神社境内へ。 駐車場から参道までは…

福岡県福津市は古い文化を大切にする町 八並の庚申塔

「福岡県の庚申塔」というキーワードでググってみると、福津郷土史会がつくられた「福岡県福津市庚申塔マップ」というものに出会えました。これはすごい! スマホでもみられるので、これを活用しながら庚申塔めぐりができますね。便利なものをつくってくれて…

古墳の上にたてられたお宮 縫殿(ぬいどの)宮には祠がひとつ残っていた

前に縫殿神社(ぬいどのじんじゃ)へ行ったとき、その近くに縫殿宮という別のお宮もあるということをこちらの書籍「神功皇后伝承を歩く(上) 福岡県の神社ガイドブック 綾杉るな著 不知火書房」で知ったので、縫殿宮にもいってみることにしました。 古墳の…

デザインとファッション発祥の地 縫殿神社(ぬいどのじんじゃ)

裁縫の神様が祀られた最初の神社 山中の小さな境内 まとめ 福岡県の神功皇后(じんぐうこうごう)ゆかりの地を周ってて、これまで宗像市の織幡神社、遠賀郡の高倉神社、北九州市の恵比須神社などをまわってきました。 今回は福津市にある縫殿神社(ぬいどの…