日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

福岡県遠賀郡

春日神社の地蔵菩薩 福岡県遠賀郡

福岡県遠賀郡岡垣町黒山にある春日神社。境内に祀られる地蔵菩薩らしい石仏。こういった素朴な石仏は心惹かれます。

小さな神社 砥石面神社の庚申塔 福岡県遠賀郡岡垣町

「砥石面社」という珍しい名前の神社に庚申塔をみつけました。 場所:福岡県遠賀郡岡垣町吉木 砥石面社 地図:Google Maps 造られた年は「正徳元年」。つまり、西暦1711年。いまから306年前。ずいぶん古い時代の庚申塔です。庚申塔の「申」の部分が欠けてい…

芦屋町の宝篋印塔(ほうきょういんとう)

大分県の国東半島にある寺院では、宝篋印塔(ほうきょういんとう)をたびたび見かけていましたが、福岡県ではこれがはじめての対面です。google mapを眺めていると、たまたま「宝篋印塔」という文字を見つけたので、ちょっと立ち寄ってみました。 こんなに立…

燃える空

大分県から福岡県に移り住んでから、約1年。被写体に困らないほど、大分県の豊かな自然と比較して、福岡県は撮りたい景色というのがなかなか見つかりません。 いままで被写体の力に頼っていて、なにげない景色からでも「なにかいい景色はないかな」と自分か…

蓮(はす)の花が美しい 福岡県遠賀郡遠賀町

こんなところに、蓮が咲く池があるとは知りませんでした。福岡県の遠賀郡にある小さな池です。池のすぐ近くに、島津丸山古墳という遺跡公園があるのですが、この公園に立ち寄ったときに見つけた場所です。 場所:福岡県遠賀郡遠賀町島津 地図:Google マップ…

夕暮れのハマユウ 福岡県遠賀郡芦屋町

日の光が、もう消えてなくなりそうな頃。ハマユウ(浜木綿)は、ぼんやりとはかない光を放っていました。 まだまだ、ハマユウは見ごろです。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿

高倉稲荷神社 遠賀郡岡垣町

1800年の歴史をもつ高倉神社。境内の一画に祀られる稲荷さま。うすぐらい境内に、うすい光を反射する鳥居がぼんやりと浮かびあがる。 場所:福岡県遠賀郡岡垣町高倉1108−3 地図:Google マップ

夏の空と遠賀川の大イチョウ

福岡県道73号線を南下していっていると、県道の両側に立つ大きなイチョウ。 場所:福岡県遠賀郡水巻町立屋敷

はまゆうが今 見ごろ 福岡県遠賀郡芦屋町

気持ちいい青空、でもかなりの暑さ。はるか遠方に入道雲がもくもく湧き上がっていました。北九州市は日中32℃まで、気温があがったそうですが、アスファルトの上では、それ以上の暑さを感じました。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿(大字)796−10 ここは…

福岡県で二体目を見つけた 青面金剛の彫られた庚申塔 遠賀郡岡垣町

福岡県朝倉市で、以前、青面金剛像の彫られた庚申塔を探しに行きました。福岡県の庚申塔のなかでは、これがはじめて青面金剛像が彫られているものとの出会いでした。 ooitasyuyu.hatenablog.com 今回は、「遠賀郡岡垣町の広報(No.228)」(←PDFファイル)に…

なみかけ遊歩道 福岡県遠賀郡

福岡県遠賀郡の海岸には、海沿いに遊歩道があって、ここを夕暮れどきに歩くのは、気持ちがいい。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿 地図:Google マップ 車で来たときに便利なのが、近くにある国民宿舎「マリンテラスあしや」駐車場を、少しお借りして車を停め…

さざ波

場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿

なんじゃもんじゃの木 ライトアップ 遠賀郡芦屋町 岡湊神社

2017年5月2日、岡湊神社のなんじゃもんじゃの木が、ライトアップされるというので、行ってみました。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町船頭町11−21 地図:Google マップ 「なんじゃもんじゃの木」については、こちら↓ ooitasyuyu.hatenablog.com だいたい、4月…

魚見公園からの夕景 遠賀郡芦屋町

福岡県遠賀郡 芦屋町にある魚見公園(うおみこうえん)。ここからは、芦屋の港町や、玄界灘に沈む美しい夕陽が見れます。

岡湊神社で「なんじゃもんじゃの木」が満開 でも「なんじゃもんじゃの木」って何?

福岡県の芦屋町にある岡湊神社。いまの時期、こんな景色になってます。参道に、植えられている樹に、白いもやもやっとした花が咲き誇っています。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町船頭町11−21 地図:Google Maps これ、通称「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれて…

三里松原 朝の光芒

場所:福岡県遠賀郡岡垣町黒山

福岡県遠賀郡芦屋町 岡湊(おかのみなと)神社の庚申塔

福岡県遠賀郡芦屋町に、岡湊神社(おかのみなとじんじゃ)がある。この神社は「古事記」にも、その名前がでてくるほど、長い歴史があるんだそう。 岡湊神社の場所は、芦屋町の東の端。遠賀川から50mほど内陸に入り込んだ住宅街のなかにある。岡湊神社の拝殿…

成田山不動寺の桜並木 福岡県遠賀郡 岡垣町

どんどん、桜の写真をアップしていきたいと思います。こちらは福岡県岡垣町にある成田山不動寺ふきんの桜並木です。国道495号線から不動寺までの山道に、桜の樹がザザザッと並んでて、これが今満開になっています。桜のトンネルができてますね。 成田山不動…

遠賀郡遠賀町島津の桜

北九州市の町を周っていると、桜はぼちぼちと満開になっている樹もみかけます。場所によっては、まだ5分咲きの場所だったりと、まちまち。山桜は比較的早く咲き始めるようで、今日の雨と風によってだいぶ花びらが散ってしまった樹もあるようです。 どこかに…

古い街並みが残る場所で庚申塔探し 遠賀郡芦屋町

仕事帰りに、庚申塔探しにいってみました。日が長くなってきたので、ゆっくりできる時間が増えてありがたいですね。スマホのカメラには位置情報を記録できる機能があるので、撮った写真をあとで地図上に表示できるのがうれしいです。どこで写真を撮ったのか…

ロールケーキが苦手でもおいしくロールケーキを食べられる マキマキ屋 遠賀郡遠賀町

ロールケーキは正直ちょっと苦手なんです。ケーキ生地がパスパスで、甘ったるい生クリームが胃もたれする感じで、一切れ食べると、ちょっと気分が悪くなってしまうというイメージがあって… でも、ここマキマキ屋のロールケーキはおいしいですよ。 マキマキ屋…

むかしは離れ小島 大きな洞窟をもっている洞山へ行ってみた 遠賀郡芦屋町

福岡県遠賀郡の海岸に、大きな洞窟をもった岩山があります。洞山(どうやま)という場所で、名前は前から知ってはいたけど、実際にいったことがなかったので、時間のあるときに散歩がてら行ってみることにしました。 前情報として… 1.大きな洞窟がある 2.そ…

地名の由来 遠賀郡水巻町にある「えぶり」

福岡県の遠賀郡水巻町に「えぶり」という、珍しい地名あります。「えぶり」は、車でそばを走っていても、1分もあればすぐに通り過ぎてしまうような小さな地区です。 以前に、この地区に残る伝承をご紹介しました。 ooitasyuyu.hatenablog.com えぶりという地…

福岡県遠賀郡 嶋門神社の庚申塔 猿田彦大神

この大分合同新聞の記事と、注文して届いた書籍を読んでみて、また庚申塔探しの意欲がわいてきました。 ooitasyuyu.hatenablog.com 福岡県の北九州地域で、庚申塔の詳しい場所を記載している書物やネット記事をあまりみかけません。だから、庚申塔のありそう…

ずっと気になってた神社は平清盛の孫 安徳天皇が身を隠した場所だった

平清盛の死後、平清盛の孫にあたる安徳天皇は源氏に追われ、九州の太宰府に都落ちしました。その後、福岡県遠賀郡にある山鹿城に移りました。後に下関、壇ノ浦の戦いで平家は滅びるのですが、それまでの間、山鹿城で安徳天皇をはじめ、平家は身を隠したのだ…

芦屋町の歴史史料 価格が破格 たった200円

先日、遠賀郡芦屋町にある歴史民俗資料館に行ってきました。その地その地の史跡に関する情報を集めるのは、図書館の郷土コーナーが主でした。 でも最近、各地にある歴史民俗資料館関連の施設にいくのも、いろんな情報が得られるひとつの方法だなと学んできま…

中央で曲がってなくなった橋 旧芦屋橋 福岡県遠賀郡

福岡県遠賀郡芦屋町にこんな史跡があります。これは、福岡県を流れる遠賀川の河口近くに残されている、古い橋の欄干です。 橋そのものは残されていません。昔、芦屋町には真ん中でぽっきりと折れてしまった橋があるとの情報を得て、その痕跡を探していたので…

郷土史料を読んでフィールドワークすると日常が潤う

福岡県を、筑豊地区から北方向に流れる遠賀川(おんががわ)。この遠賀川流域にはむかしの遺跡がいくつか発見されています。 そのうちのひとつ、立屋敷遺跡。立屋敷遺跡からは弥生時代の土器とか包丁とかが発掘されてます。この遺跡は、遠賀郡水巻町付近にあ…

洪水のとき溺れる人を守った? 豊前坊山 福岡県遠賀郡水巻町

なんともない田園風景ですが、↓下の写真の小さな山は豊前坊山という、ちょっとした伝承の残る山です。場所は福岡県遠賀郡水巻町。この山に登れるかどうか試してみました。この山にまつわる伝承とともに、豊前坊山に登る行程をご紹介します。 伝承は「水巻昔…

小さなお堂でも その縁起をたどると土地の歴史がみえてくる 福岡県 水巻町の長谷不動尊

前回の記事で”不動下”という字名の場所に不動明王が祀られている場所をご紹介しました。 ooitasyuyu.hatenablog.com ここの不動明王さまは、もともと参拝に不便な小高い山の上に祀られていたのを、炭坑で働く人たちが参りやすいよう、山の下に移動したという…