日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、庚申塔を中心に史跡を巡っています。主な行動範囲は九州北部。Nikon D750を使って史跡の魅力を写真でおさめられたら…と試行錯誤しています。

福岡県遠賀郡

遠賀郡遠賀町鬼津の庚申塔

遠賀郡の町にある神社を巡って庚申塔を探しているとき、道路わきで見つけた庚申塔です。三叉路の一角に祀られていました。庚申塔の背後には小さなお堂がありました。 場所:福岡県遠賀郡遠賀町鬼津 座標値:33.867508,130.665140 庚申塔の正面に「奉請 庚申…

樹木の撮り方 カメラの勉強メモ 遠賀郡遠賀町島津

場所:福岡県遠賀郡遠賀町島津 座標値:33.872975,130.673388 サスマタのように分かれた幹が印象的な樹を撮ったところ。樹を下から見上げるように撮り幹のゴツゴツ感を表現したいと思ったとき、絞りはF16からF22で設定するのがよいそう。手前の幹から奥の枝…

謎の石 福岡県遠賀郡

福岡県遠賀郡遠賀町島津 座標値:33.874107,130.67155 島津丸山古墳群の近くにある 謎の石。 コンクリートの地面からにょきにょきと三つの石が立っている。詳細はわかりませんが、わざわざ残しているのは何か理由があるのかもしれません。

芦屋町山鹿の猿田彦大神 庚申塔

場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿 座標値:33.8993652,130.6687572 ↑天明三年…つまり1783年。干支は癸卯(みずのと う)。その通りに↓癸卯正月吉日と刻まれます。ここまではっきりと文字が確認できると気持ちがいいです。

天穂日命の庚申塔 福岡県遠賀郡遠賀町 今泉神社

福岡県遠賀郡遠賀町別府3207座標値:33.846669,130.659696 庚申信仰 (民衆宗教史叢書 第17巻)P219によると、 正徳ニ天正月庚申神者天穂日尊 …の銘がある角柱尖頭型と記載されています。しかし撮った写真をよくよく見てみますと、「正徳二天正月」の部分は「…

2018年に北九州付近でゆっくりと桜の写真が撮れた場所 2か所

今年、福岡県の北部で桜の写真をゆっくりと撮れた場所はここでした。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿 国民宿舎マリンテラスあしや付近 座標値:33.902340,130.664968 土曜日の昼どきで他の場所では花見をするかたがたでにぎわっていましたが、この場所では、…

遠賀川 土手沿いのツクシ

遠賀川の土手ではツクシを採る人を見かけるようになりました。少し足元を注意しながら歩くと…けっこうツクシありました。ちょっと触れると、煙のように胞子がモワッと出てきます。

たんぽぽ?

春になってあちこちに気になる植物を見かけます。 これはタンポポの一種?調べてみるとタンポポは花が咲いたあと,しぼみ白い綿毛となり,その綿毛が開き種とともに飛んでいくそう。タンポポにしては早すぎる綿毛。googleの画像検索でもなかなかピシャっとした…

徳満宮の庚申塔 遠賀郡芦屋町山鹿

援田彦大神と刻まれた自然石の大きな庚申塔です。援田彦大神の左隣に造られた年が刻まれていたようですが、表面の石がはがれて読めなくなっていました。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿 徳満宮 地図:Google マップ 徳満宮は山鹿の集落の外れにある小さなお宮…

古墳の上に祀られていた宝篋印塔(ほうきょういんとう) 遠賀郡水巻町 寂光院

今回は↑こちらの宝篋印塔(ほうきょういんとう)を探しにいきました。「水巻昔ばなし」(柴田貞志著)を読んでいると、写真付きで寂光院の宝篋印塔として紹介されていました。 場所:福岡県遠賀郡水巻町吉田西4丁目17 地図: Google マップ 同書によると…

寺の名前が刻まれた福岡県では珍しい庚申塔 遠賀郡水巻町 貴船神社

福岡県遠賀郡の水巻町にある貴船神社に珍しい庚申塔を見つけました。 場所:福岡県遠賀郡水巻町吉田東4丁目5 地図:Google マップ 拝殿右側の山の斜面に今回の庚申塔は祀られていました。 文字のくせが強く、刻まれた文字を読みとることが難しいです↓ 「……

福岡県遠賀郡岡垣町 糠塚(ぬかづか)の庚申塔

九州の街道のひとつである唐津街道を巡って、街道沿いの庚申塔や史跡をボチボチと見つけていっています。今日は遠賀郡 岡垣町にある糠塚(ぬかづか)という地区に、庚申塔が祀られているという情報を得て、行ってみることにしました。 ↑上の地形図に、唐津街…

2017年 芦屋町の砂像展に行ってみた 福岡県遠賀郡

この記事を書いている時点では、もう砂像展は終わってしまっていますが、備忘録として写真をアップしておきます。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町大字芦屋1455-284 「芦屋海浜公園レジャープールアクアシアン内」 地図:Google マップ 福岡県遠賀郡芦屋町で毎年行…

春日神社の地蔵菩薩 福岡県遠賀郡

福岡県遠賀郡岡垣町黒山にある春日神社。境内に祀られる地蔵菩薩らしい石仏。こういった素朴な石仏は心惹かれます。

小さな神社 砥石面神社の庚申塔 福岡県遠賀郡岡垣町

「砥石面社」という珍しい名前の神社に庚申塔をみつけました。 場所:福岡県遠賀郡岡垣町吉木 砥石面社 地図:Google Maps 造られた年は「正徳元年」。つまり、西暦1711年。いまから306年前。ずいぶん古い時代の庚申塔です。庚申塔の「申」の部分が欠けてい…

芦屋町の宝篋印塔(ほうきょういんとう)

大分県の国東半島にある寺院では、宝篋印塔(ほうきょういんとう)をたびたび見かけていましたが、福岡県ではこれがはじめての対面です。google mapを眺めていると、たまたま「宝篋印塔」という文字を見つけたので、ちょっと立ち寄ってみました。 こんなに立…

燃える空

大分県から福岡県に移り住んでから、約1年。被写体に困らないほど、大分県の豊かな自然と比較して、福岡県は撮りたい景色というのがなかなか見つかりません。 いままで被写体の力に頼っていて、なにげない景色からでも「なにかいい景色はないかな」と自分か…

蓮(はす)の花が美しい 福岡県遠賀郡遠賀町

こんなところに、蓮が咲く池があるとは知りませんでした。福岡県の遠賀郡にある小さな池です。池のすぐ近くに、島津丸山古墳という遺跡公園があるのですが、この公園に立ち寄ったときに見つけた場所です。 場所:福岡県遠賀郡遠賀町島津 地図:Google マップ…

夕暮れのハマユウ 福岡県遠賀郡芦屋町

日の光が、もう消えてなくなりそうな頃。ハマユウ(浜木綿)は、ぼんやりとはかない光を放っていました。 まだまだ、ハマユウは見ごろです。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿

高倉稲荷神社 遠賀郡岡垣町

1800年の歴史をもつ高倉神社。境内の一画に祀られる稲荷さま。うすぐらい境内に、うすい光を反射する鳥居がぼんやりと浮かびあがる。 場所:福岡県遠賀郡岡垣町高倉1108−3 地図:Google マップ

夏の空と遠賀川の大イチョウ

福岡県道73号線を南下していっていると、県道の両側に立つ大きなイチョウ。 場所:福岡県遠賀郡水巻町立屋敷

はまゆうが今 見ごろ 福岡県遠賀郡芦屋町

気持ちいい青空、でもかなりの暑さ。はるか遠方に入道雲がもくもく湧き上がっていました。北九州市は日中32℃まで、気温があがったそうですが、アスファルトの上では、それ以上の暑さを感じました。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿(大字)796−10 ここは…

福岡県で二体目を見つけた 青面金剛の彫られた庚申塔 遠賀郡岡垣町

福岡県朝倉市で、以前、青面金剛像の彫られた庚申塔を探しに行きました。福岡県の庚申塔のなかでは、これがはじめて青面金剛像が彫られているものとの出会いでした。 ooitasyuyu.hatenablog.com 今回は、「遠賀郡岡垣町の広報(No.228)」(←PDFファイル)に…

なみかけ遊歩道 福岡県遠賀郡

福岡県遠賀郡の海岸には、海沿いに遊歩道があって、ここを夕暮れどきに歩くのは、気持ちがいい。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿 地図:Google マップ 車で来たときに便利なのが、近くにある国民宿舎「マリンテラスあしや」駐車場を、少しお借りして車を停め…

さざ波

場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿

なんじゃもんじゃの木 ライトアップ 遠賀郡芦屋町 岡湊神社

2017年5月2日、岡湊神社のなんじゃもんじゃの木が、ライトアップされるというので、行ってみました。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町船頭町11−21 地図:Google マップ 「なんじゃもんじゃの木」については、こちら↓ ooitasyuyu.hatenablog.com だいたい、4月…

魚見公園からの夕景 遠賀郡芦屋町

福岡県遠賀郡 芦屋町にある魚見公園(うおみこうえん)。ここからは、芦屋の港町や、玄界灘に沈む美しい夕陽が見れます。

岡湊神社で「なんじゃもんじゃの木」が満開 でも「なんじゃもんじゃの木」って何?

福岡県の芦屋町にある岡湊神社。いまの時期、こんな景色になってます。参道に、植えられている樹に、白いもやもやっとした花が咲き誇っています。 場所:福岡県遠賀郡芦屋町船頭町11−21 地図:Google Maps これ、通称「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれて…

三里松原 朝の光芒

場所:福岡県遠賀郡岡垣町黒山

福岡県遠賀郡芦屋町 岡湊(おかのみなと)神社の庚申塔

福岡県遠賀郡芦屋町に、岡湊神社(おかのみなとじんじゃ)がある。この神社は「古事記」にも、その名前がでてくるほど、長い歴史があるんだそう。 岡湊神社の場所は、芦屋町の東の端。遠賀川から50mほど内陸に入り込んだ住宅街のなかにある。岡湊神社の拝殿…