読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

なんで山に登るのって聞かれたら…

知らない人とも気持ちよくあいさつができる場所だから

「綺麗な景色を写真に撮りたい 」という思いから、山に登り始めてやっと2年ほどです。百名山にも選ばれている久住連山は、毎日のように、たくさんの方が登られてます。だから、道中で他の登山者とよくすれ違います。

そのときに「おはようございます 」とか「こんにちは 」というあいさつを、ほとんどの方と交わすんです。ときどき「お疲れ様です!」が相手から添えられることもあって、「あ、このかた登り慣れてるな」と思ったりもします。

 

登山道ほど、初対面の方とも気持ちよくあいさつができる場所はないと感じます。

 

ここにいる方々が、「頂上を目指す」という同じ目的のために登っているからなのでしょうか。"もう少しで頂上です がんばってください"とか、”気をつけて下山してください”とかいう気持ちも込めて、あいさつをしたり、されたりしてるのでしょうね。

 

ときには下山中に、一緒になった方に日本アルプスの話や、崖の登り方のコツなんかを聞かせてもらったこともあります。初対面のひとと、こんなに意気投合することはあまりないでしょうね。

 

まとめ

登山での、すれ違いざまのあいさつなんて、ほんの一瞬ですが、ストレスを吹き飛ばしてくれる濃密な時間ですね。

↓天狗ヶ城ふもとの御池。鏡のような水面が神秘的です。

↓今日は燃えるような朝焼けが3~4分ほど見ることができました。一番目の朝焼け写真から少し時間が経過したところ。

広告を非表示にする