日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、庚申塔を中心に史跡を巡っています。主な行動範囲は九州北部。Nikon D750を使って史跡の魅力を写真でおさめられたら…と試行錯誤しています。

国東半島芸術祭 岐部プロジェクト《説教壇》

川俣正氏の作品《説教壇》。

大分県国東市国見町岐部に展示されてます。

「その柱を縫う回廊と、柱を取り巻く2つの説教壇をつくり、野外の教会をたてたいと思った」。かつて、この岐部地区に生まれたぺトロ・カスイ岐部という司祭が、聖地エルサレムを巡礼したそうです。そのエピソードにインスピレーションを受けて創られた作品です。