日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

国東半島の紅葉スポット おススメ5選

もうすぐ大分県にも紅葉シーズンが到来します。大分県の紅葉スポットといえば、中津市にある耶馬渓竹田市城址などが有名ですが、ぼくは国東半島にしぼって、個人的におススメな場所も含めて、紅葉スポットを5か所、ご紹介します。

富貴寺(ふきじ)

場所:大分県豊後高田市田染蕗2395

2013年11月24日の写真です。境内にある銀杏の樹からの落ち葉で境内が黄色に染まる時期(11月下旬頃)が見ごろです。

両子寺(ふたごじ)

場所:大分県国東市安岐町両子1548

2013年11月14日の写真です。11月中旬から下旬が見ごろです。

両子寺の参門は、サザエさんのオープニングでも紹介されました。

こちら↓が実物。石造の仁王像が立派です。

旧千燈寺跡(きゅうせんとうじあと)

場所:大分県国東市国見町千燈

2013年12月8日の写真です。レリーフ状の仁王像の傍に大きな銀杏の樹があります。富貴寺と同じく、銀杏の落ち葉が周囲を彩る時期がおススメです。11月下旬から12月上旬が見ごろです。

猪群山(いのむれやま)常盤コース登山口

規模はとても小さいですが、美しい紅葉のトンネルが出迎えてくれます。標高が低いこともあって紅葉の時期は少し遅めです。写真は2013年11月28日に撮ったものです。11月下旬から12月上旬が見ごろです。

文殊仙寺(もんじゅせんじ)

場所:大分県国東市国東町大恩寺2432

両子寺と同様に、11月中旬から11月下旬が見ごろです。写真は2013年11月23日に撮ったものです。

その名前のとおり智恵授け、学業成就、合格祈願で訪れるかたが多いお寺です。樹齢1100年のケヤキが境内にあります。両子寺のように紅葉がわんさと楽しめる…というよりも、しっとりとした雰囲気を楽しむ、という感じのお寺です。

広告を非表示にする