日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

大分県に石仏が多いのはどうして?

  • 国東半島をはじめ、大分県各地に仏教文化が栄えたこと
  • 阿蘇の溶結凝灰岩など、やわらかい岩盤が露出していたこと

この二つが主な要因と考えられています。

 

石仏のなかでも特に大分県に多いのは「磨崖仏(まがいぶつ)」。これは”岩盤などに直接彫られた仏像”です。磨崖仏は県内で約400体あり、全国の8割をしめるそうです。

 

↓鍋山磨崖仏(なべやままがいぶつ)

 

県内で特に有名なのが、国宝にも指定されている臼杵石仏(うすきせきぶつ)です。

↓古園石仏中尊「大日如来像」

臼杵石仏は大分県の南側、臼杵市深田という場所にあります。美しさや、その規模から日本を代表する磨崖仏として知られています。

 

そしてこちら↓は国東半島で最も有名な「熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)」

国東半島に来られたら、ぜひ一度は観ておきたい芸術品です。「これでもかっ!」というほどの山奥にあります。駐車場から険しい石段を15分ほどかけて登るので、夏にはタオルをお忘れなく。

 

↓熊野磨崖仏の不動明王。高さ8mにもおよびます。不動明王にはめずらしく、憤怒の形相というよりは、微笑んでいるような表情をうかべています。

↓こちらは大日如来像。高さ7m。

その他にも、県道などを車で走っていると…

↑こんな感じで、案内看板をぽつぽつと発見することができます。

 

このような磨崖仏は、国や県の文化財指定を受けていますが、そのほとんどが造られた年が記銘されていません。だから、その表現方式から造られた年を推定するしかないそうです。

↓楢本磨崖仏

その結果、ほとんどの磨崖仏が、平安時代後半に造られたと推定されています。

 

↓楢本磨崖仏

たくさんある磨崖仏をめぐることが好きなのですが、聞くところによると、なかにはバチがあたるとかで、写真には撮ってはいけない磨崖仏もあるそうです。軽率に撮らないよう注意しないといけませんね。

 

↓楢本磨崖仏

 

↓楢本磨崖仏

 

↓楢本磨崖仏

↓楢本磨崖仏

こういった石仏以外に大分県の見どころは、その特異な地形だと思います。やわらかい岩石が多いので、地形が雨に浸食されやすく…

↑こんな感じの地形が、随所でみられます(大分県豊後高田市 三宮の景)。中国の桂林みたいですね。

 

大分県豊後高田市香々地(かかじ) 夷耶馬(えびすやば)

観光名所以外にも、大分県にはたくさん魅力的な場所や文化がありますよ。

広告を非表示にする