読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

国東半島の精神が色濃く残る場所 旧千燈寺(きゅうせんとうじ) 12月上旬が紅葉の見ごろ

大分県国東市

大分県国東市国見町千燈にある旧千燈寺。ここは伝説の僧である仁聞(にんもん)が入寂した(亡くなられた)場所とされています。ここの紅葉は、華やかというよりも、しっとりとした情感があります。↑上の写真は旧千燈寺でなくてはならないイチョウの樹。立派な樹です。

 

2014年11月16日現在では↑のように、まだイチョウは黄色に色づいてません。ここのイチョウは、他の場所より色づきが遅いようです。

イチョウのすぐ下にある護摩堂跡にレリーフ状の仁王像がありますが、この場所が…

こんな感じ↑で彩られます。2013年12月8日時点

 

その紅葉時期まで、仁王様も待機中です。

旧千燈寺は、深い森のなかにあります。周囲はすっかり色づいているのに、旧千燈寺の紅葉が遅いのは、周防灘からの冷たい風が届きにくいからかもしれません。

広告を非表示にする