読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

なぞの看板 「USA」がある栗山に もう桜が咲いていて驚いた

大分県宇佐市 登山

場所:大分県宇佐市山 栗山

国道10号線を宇佐から別府方面に走っていると↓誰が立てたかわからない、謎の看板がみられます。この看板のあるところが栗山です。

楽しく拝見させていただいているこちらのブログ↓に紹介されていて、「ここまで登れるんだ」と感動し、行ってみることにしました。目指すは「USA」の看板がある場所です。



登山口がみつけにくい

国道213号線を豊後高田方面へ走り、段ボール会社の看板がある交差点を右折。

 

資材置き場のような荒地から登山口に入ります。↑登山口

↓この写真の奥 左側に登山口がみえてきます。看板もなにもないので探し出すのに苦労します。

登山道っぽいものが木々のなかに確認できるので、ちょっと安心します。

修験道の入り口だった栗山

栗山→両戒山→津波戸山→華山→西叡山→…という順番で国東半島の山々を、修験者が巡っていたそうです。

↓ちゃんとトイレがあります。これだけでなく…

↓立派な展望台まであります。

↓展望台から豊後高田方面を眺める

↓山頂も含めて3つの祠がみられます

↓栗山の標高は115mと低く、稜線まで15分くらいでたどりつきます。

↓稜線は岩がごろごろ。

↓山頂の祠。ゆっくり歩き、20分ほどで登頂です。

第二次世界大戦中、宇佐には大規模な海軍航空隊がありました。航空機を誘導するための回転灯が、ここ栗山山頂にも設置されており、↓下の穴がその跡だそうです。

山頂付近は不思議な空間が広がっていた

↓山頂からさらに奥へ進むと…

↓目指す場所に着きました。

↓「USA」の看板が…

↓ありました。近くでみるとかなりの大きさ。高さは4~5mありそうです。

↓「USA」看板前にある展望台から、宇佐・中津方面を眺めます。

↓こんな山の上なのに、手作りのブランコや小屋が配置されています。

桜に出合えた

↓よくみるとたくさんの桜が咲いています。樹の横にある看板には「河津桜(かわづざくら)」と書かれています。ソメイヨシノよりも早く咲く品種で、1月下旬から2月に桃色の花が楽しめるそうです。

各桜のそばには、いろんな方の名前が記されたプレートが立てられています。記念樹として桜の樹を植えているようです。

↓こちらは緋寒桜(ひかんざくら)。緋寒桜は2本ほど植えられていました。

この時期に、おもいがけない出合いがあった小登山でした。

広告を非表示にする