日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、庚申塔を中心に史跡を巡っています。主な行動範囲は九州北部。Nikon D750を使って史跡の魅力を写真でおさめられたら…と試行錯誤しています。

はるか遠くまでつづく岩山と青空が新鮮だった 東奥山七福神

宇佐-玖珠間を走る国道387号線沿いに見える東屋山七福神。昔、台風で周囲の木々が倒されたときに、この7つの岩が姿を現したそうです。

 

この場所からみえる景色がとてもきれいでした。どんよりとモノクロのイメージが続いていましたが、晴れると鮮やかな緑と透明感のある青が新鮮に写ります。

↓の図でいうと387号線から212号線方向を眺めています。

↑ピンク色の部分が、ゴツゴツとした岩山がつらなる地域。

 

この地域は、秋の紅葉はもちろん、これからの季節…避暑地としていい場所です。