日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

700年も人の生活を見守ってきた 田原家五重塔

f:id:regenerationderhydra:20150909135220j:image

場所:大分県杵築市太田沓掛
「田原家 五重塔(たわらけごじゅうのとう)」の目の前には田園が広がります。

大きな木の枝に隠されるようにして祀られているこの五重塔。昔ここにあった沓掛城(くつかけじょう)の主、田原直平氏の供養塔です。

f:id:regenerationderhydra:20150909140158j:image
↓目の前には農道が走っていますが、ほとんど通る車はありません。
f:id:regenerationderhydra:20150909140356j:image
沓掛城の名残は崩れかけている石垣らしきものが山中にあるのみ。

↓右側のこんもりとした森が沓掛城があった場所です。
f:id:regenerationderhydra:20150909140752j:image
1339年に建立されたこの塔からの出土品はなかったそうです。

f:id:regenerationderhydra:20150909141134j:image

f:id:regenerationderhydra:20150909141205j:image
↓周囲には五輪塔
f:id:regenerationderhydra:20150909141248j:image
田原氏は、昔この辺りを支配していた豪族なのでしょうか。いくつかのお寺も建立したと、案内板には紹介されています。

700年もの長い間、ひっそりとここに建っていたんですね。観光地化されていないけど、魅力的な場所です。

f:id:regenerationderhydra:20150909142649j:image

広告を非表示にする