読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

観音磨崖仏と古戦場跡 国東市国東町岩戸寺

 県道544号線を走っていると、こんな岩山が目の前にみえてきます。その岩山のふもとに、ハシゴのかかった岩窟が…

よく見てみると…

岩窟のなかに石仏がみえます。

観音磨崖仏と呼ばれているようですね。

↓このハシゴを上る勇気はないですが、こんなところによく石仏をお祀りしたなと驚きます。車で走っていると、そのまま見逃してしまうスポットです。

場所:大分県国東市国東町岩戸(33°36'36.8"N 131°36'31.9"E)

そして同じ場所にあるのが古戦場跡です。

大友宗麟(おおともそうりん)の家来である鬼木左衛門が、ここに立てこもり1595年に黒田長政の軍と戦ったという場所です。ネットで調べてもほとんど情報がひっかからず、詳しい資料も手元にないので詳細は不明です。

 

この場所は個人の所有ですが、昭和55年に史跡として指定されたそうです。

岩戸寺地区の文化財 - 国東市ホームページ

 

凝灰角礫岩(ぎょうかいかくれきがん)と呼ばれるゴツゴツした地質がよくみられます。

火山岩塊が崩れてきていて頭上には注意が必要です。

 

 

広告を非表示にする