読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

地元のかたの話って宝の山 宇佐市松崎ふきんは戦時中 航空機の保管場所でもあった

ここは大分県道23号線。中津市から豊後高田市にのびる

県北(けんぼく)の主要道路です。

↓地図でみるとこんな感じで走ってる県道です。

いま写真でしめしているのは、この黄色でしめしているあたりの景色↓

宇佐市の松崎という地区のあたりで和間神社(わまじんじゃ)

と呼ばれる宇佐神宮ゆかりの小さな神社がある場所です。

↓和間郵便局がひだりにみえますね。

このあたりは戦時中は田園を砂害からふせぐための松林でした。

そして、その松林に放生会(ほうじょうえ)と呼ばれる祭りの

さいには、たくさんの屋台がならんでいたそうです。

いまでも10月の放生会では屋台はならびますが、当時の数は

こんなもんじゃなかったとの地元のかたからの話でした。

昔は娯楽はほとんどなくて、このような祭りが最大の娯楽でした。

だから盛大にもりあがっていたそうですよ。

いまでは祭りに参加できる若者も少なくなり、神輿をかつぐひとは

やとってかついでもらうまでになってしまいました。

 

ところで、今でいう県道23号線沿いに松林が残っていた当時は

この林のなかに宇佐航空隊の「アカバネ」とよばれる飛行機が

シートをかけて保管されていたそうです。

もちろん米軍にみつからないように。

ネットで調べてもこのような話はみつからなくて…

地元のかたの話ってほんとに未知の情報の宝庫。

図書館にある郷土の書籍でもなかなか載っていないような

知識を、高齢のかたから話していただくことがあります。

 

現在の宇佐市は、のどかな田園風景がひろがる平野です。

そんな景色からは、おおきな航空隊があったなんて

想像するのがむずかしいですね。

広告を非表示にする