日々の”楽しい”をみつけるブログ

史跡探訪と写真好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

”歩く” ”探す” ”調べる”が日常を非日常に変えてくれる 安心院(あじむ)町のコウシンさま

安心院(あじむ)町 妻垣神社(つまがきじんじゃ)にある庚申塔です。
訪れたこの日は初夏の陽気でした。

妻垣神社の境内に車を停め、

あるいて庚申塔のある安心院の共同墓地へ行きます。

 

場所:大分県宇佐市安心院町妻垣203

現在地から妻垣神社の庚申塔Google マップ

 

↓ちいさな鳥居をくぐると広い原っぱにでます。

 

強い日差しがそそぐ広い草はらは、
小学生のころ見たような、なつかしい夏の景色みたい。

↑ここは、妻垣神社(つまがきじんじゃ)の裏っかわ。

 

原っぱをつっきると、樹々に囲まれた共同墓地に着きます。
日清戦争日露戦争、太平洋戦争で亡くなったかたたちを
慰霊する目的でつくられた場所です。

共同墓地がつくられた当時はこんなに樹々はうっそうとしてなく
安心院の平野がみおろせる見通しのいい場所だったようです。


この共同墓地から北側へすこしはずれた場所に

石塔群が祀られてるのが見えます。

こっちは草ぼうぼうで、膝まである草むらのなかを

ワシワシとあるいて行きます。

人が入ったような踏み跡はありませんでした。


一本の木の根元にコウシンさまは祀られてます。

庚申塔の裏側

庚申塔から共同墓地方向をながめる

コウシンさまを渡り歩いてるのが
どうしてこんなにおもしろいのか?

こうやって、いままでいかなかったような場所に
足を運んで、これまで知らないその土地の歴史を知る。

足を運んで得た情報をすこし深く掘り下げていく。
すると、ふだん見慣れた景色や、慣れきってしまってる”日常”が
”非日常”に変わる。

こんなこともコウシンさまを探す魅力のひとつなんだと
最近感じてます。