日々の”楽しい”をみつけるブログ

史跡探訪と写真好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

庚申塔(こうしんとう)にきざまれる奇妙な文字 これってなに?

こちらは豊後大野市にある庚申塔群。

場所:大分県豊後大野市朝地町上尾塚 普光寺(ふこうじ)付近

現在地から普光庚申塔群:Google マップ

 

おそらく各所につくられた庚申塔

あとになって一か所にまとめたものと考えられます。

根元がコンクリートで固められてますからね。

 

庚申塔に目をむけると文字塔が多いですね。

青面金剛像がきざまれているような塔はみられません。

 

つくられた年代は1668年から1753年と、100年ちかい

幅があります。

 

国東半島の庚申塔は新しくなるほど青面金剛像が

刻まれるものがおおくなります。

 

豊後大野市のコウシンさまは1700年代にはいっても

文字塔のみのようです。

 

文字塔が主流なんでしょうかね。

それはさておき、ところどころに↓こんな

不思議な文字が刻まれる庚申塔がみられます。

なんだか見慣れない字ですが、この一文字で

青面金剛(しょうめんこんごう)の『ウン』を

意味します。

 

これは古代インドでつくられた字で

梵字(ぼんじ)と呼ばれる文字です。

 

紀元前から存在が確認されてる

ずいぶん古い文字なんだそうで

西暦700年代に日本に伝来。

 

仏教のなかで主に使われるという

位置づけになりました。

 

梵字のなかでも仏さまを表す文字を

とくに種子字(しゅじじ)、あるいは

略して種子(しゅじ)とよぶんだそうです。

 

上の「青面金剛」以外にも…

↑「アーンク」胎蔵界大日如来をあらわす

ものとか…

 

「バン」金剛界大日如来をあらわすもの

 

↑「キリーク・サ・サク」阿弥陀三尊をあらわすものは

庚申塔に比較的おおくみられるものです。

 

そういえば、↓こういった国東半島でよくみかける

「板碑(いたび)」とよばれるものや、「五輪塔」などにも

梵字ってきざまれてました。

この板碑と五輪塔はいずれも護聖寺(ごしょうじ)のものです。

場所: 大分県国東市安岐町朝来583

 

けっこう流してみてたけど

こんな文字が国東の石造物に刻まれてたなんて。

まだまだ発見があります。

 

スポンサーリンク