日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

久住山に登りたい

ああ-久住山に登りたい

久住山に登りたい…

なんといっても登る前のドキドキ感、

ワクワク感がたまらない。

車で行く登山口までの道のりも

楽しみのひとつ。

今日の天気はどんなかなと

空をみつつ、晴天だったりしたら

テンションもあがってくる。

早朝雨だったりしても運がよければ↑

上みたいな雲海がみれたりする。

 

↓暮雨の滝。

氷瀑になってるところをまだみたことがない。

駐車場に車を停めて

山に登るための準備をしてるときなんか

早く登りはじめたくて

手元がおぼつかない。

ご来光をみるために、早朝

まだ暗い山道を登ってて、

満天の星がみえたりしたら

気持ちいい。

 

↓三俣山からの景色。日が昇る前。

だんだん明るくなって

まわりの景色が見えはじめると

不安な気分がやわらいでホッとするし、

↑こんな景色が広がってたら

ストレスなんかふっとぶ。

 

日が昇ってくるあたりから、反対側の空まで

ぐるっと空を覆うグラデーションが綺麗。

どうやったら、この綺麗さをひとまとめに

写真に撮ろうかいつも迷う。

 

↓こちらは久住山山頂からのご来光。

↓朝日が三俣山を照らしはじめる。

その右奥に二峰の由布岳

 

↓朝霧に浮かぶ阿蘇山

仮にまわりがガスってても

全身動かして山に登ってる

この爽快感は変わらない。

でもやっぱり、これくらいスッキリ

晴れてるほうが気持ちいい。

↓中岳から久住山を眺める。

新緑の季節、みどりのじゅうたん。

中岳山頂はケイタイの電波が届くのを

このとき知ってびっくりしたのを覚えてる。

↓星生山のゴツゴツ岩肌。

↓雪山って、ふだん歩いてる登山道がほとんど

わからなくなるので怖いなって感じた。

方向感覚がなくなる。

↓エビのしっぽをみたのは由布岳がはじめて。

この日登った久住山では、由布岳よりも立派な

しっぽをみれた。

久住山は何回のぼっても、

無事下山して温泉で疲れを癒してると、

また登りたいって思う。

 

体力の続く限り…

時間のゆるす限り

久住連山を歩き回りたい。

 

 

スポンサーリンク

広告を非表示にする