読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

すばやく食べるのがコツ 道の駅「慈恩の滝くす」の豆乳ソフトは粘り気少なく さらさらな甘さのソフトクリーム

大分県玖珠郡

日曜日に、大分県の”道の駅”…「慈恩の滝くす」にいってきました。

 

場所:大分県玖珠郡玖珠町大字山浦618番地の24

現在地から「慈恩の滝くす」:Google マップ

H28年7月23日にできたばかりだそうで、小さな道の駅ながら、たくさんの人が来ていました。人がたくさんすぎて、道の駅の駐車場はまんぱい。車をとめることができなかったので、国道をはさんで向こう側の駐車スペースに停めることとなりました。

道の駅すぐそば…あるいて5分くらいのところに”慈恩の滝”という立派な2段滝があります。そこにみなさんは行ってらっしゃるようで、ぞくぞくと滝から、道の駅のほうへ人が歩いていってます。

↓こちらの食事処は、道の駅設立以前からのもの。

↓写真のように、お店の広さもこれだけの小さな道の駅。イートインスペースが別館にあり、こちらも同じくらいの広さ。どちらの店内も人がたくさんでした。

さて、目当ての豆乳ソフトがこちら↓。ミルクでつくられたソフトクリームよりも、口どけがサラサラ。さっぱりしていると表現したほうがいいのかも。甘さはほんとに少なくて、後味がよくてさわやかな味です。ただ注意しないといけないのが、粘性が少ないので、暑いなかだとすぐに溶けること。速攻で食べないと大変なことになりますよ。

こちらの豆乳は、”万年元気豆腐(はねげんきとうふ)”をつくるときにできた豆乳。万年元気豆腐は駅内にも売られてて、以下のような説明がされています。

 

平成の名水百選に大分県で唯一選ばれた「下園妙見様湧水(しものそのみょうけんさまゆうすい)」を使い、ひとつひとつ丁寧に作っています。大豆は大分県産と佐賀県産の一等大粒大豆を使用。「作る人も食べる人も、みんなが元気で健康に暮らせるように」という願いをこめた、甘くまろやかで美味しいお豆腐です。

 玖珠町にある万年山(はねやま)山麓からの湧き水を使っているんですね。

↓玖珠の町をあるいていると、いろんな場所で、こちらのかたに会います。ゆるキャラの「くるりん」。

広告を非表示にする