日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、庚申塔を中心に史跡を巡っています。主な行動範囲は九州北部。Nikon D750を使って史跡の魅力を写真でおさめられたら…と試行錯誤しています。

遺構 九州鉄道・海老津赤レンガアーチを訪ねてみた

図書館で遠賀郡の資料を調べているときに、見つけた遺構です。JR鹿児島本線の古い線路跡にのこる海老津赤レンガアーチ。

 

図書館の資料についている地図を頼りにいってみました。県道287号線を、岡垣町海老津という町から南下していると、突如、道路の右側に現れます。

 

現在地から赤レンガアーチ:Google マップ

1889年、つまり今から127年前に、岡垣から赤間へと抜ける鉄道の一部として建設されました。こんなに古い、鉄道に関する遺構は九州内ではないそうです。

 

蒸気機関車の時代、すぐそばにある城山(じょうやま)峠を機関車は越えていっていました。場機関車にとって、峠を越えるのはかなりの負担で、その後、線路の所有が”九州鉄道”から”JR”に変わってからは、城山にトンネルが開通し、ルートが現在のものに変更されたそうです。

この赤レンガアーチ橋の中を抜けて、北側へ歩を進めると、現役で活躍している赤レンガアーチも見られます。

↓こちらの赤レンガアーチの上は鹿児島本線が通っています。