日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

福岡県飯塚市のご当地フード 「味覚焼」は一度は食べてみる価値あり

福岡県飯塚市に「味覚焼」という珍しい食べ物があるという。うわさによると、タコが固くて食べられない人のためのタコ焼きらしい。お店は飯塚市の本町というところにある。
f:id:regenerationderhydra:20161026193457j:image

車通りの多い国道211号線沿いにあって、車ではしっているとすぐに見つけることができた。お店には駐車場らしいものはなかったので、100円パーキングに車を停めた。地方の100円パーキングは安くて、1時間100円とか、90分100円とかで、一日最大300円なんかでありがたい。

 

味覚焼の看板前にいくと、小窓のある店舗が見えてきた。

f:id:regenerationderhydra:20161026193531j:image

この小窓から買うことはできないようなので、店舗に入ることにした。

 

中にはたくさんのお客さんが。店内で食べる人もいるようだ。お店の人は忙しく働いている。ぼくは、子ども連れだったので持ち帰りを希望。時間がかかりそうだな…と思いながら、待ち時間をお店の人に聞いてみると、なんと、40分くらいかかるという。

 

一瞬、また今度にしようと、あきらめかけたけど、また今度っていつになるか…。せっかくきたのだから、あきらめずに40分まってみようと考えてなおした。その間、飯塚の街をみてまわろう。

 

15と書かれたプラスチックの板を渡され、40分後くらいに来てくださいと言われて、40分後にまた来ることにした。

 

40分後、無事にあつあつの紙包みを受け取り、350円をお店の女性に手渡した。
f:id:regenerationderhydra:20161026193556j:image

なかには、見た目タコ焼きの味覚焼が15個。細かく砕かれたかつおぶしがふりかかっている。


f:id:regenerationderhydra:20161026193618j:image

 


f:id:regenerationderhydra:20161026193703j:image

 外はカリッとしてて中はふんわり。タコ焼きのようだけど、タコは入ってない。具はネギだけとシンプル。

 

かつおぶしの風味がいい。表面にたぶんショウユがかかってるのか、ソースとかはつけなくても味は十分についてる。

 

目新しい味や食感ではないけど、こういう食べ物は他では見かけたことがない。
f:id:regenerationderhydra:20161026193727j:image

まとめ

味覚焼は、飯塚市に行ったら一度は食べてみる価値のあるご当地フードだと思いました。

広告を非表示にする