読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

大分県の小さな祭り 鬼会(おにえ)の里祭りでイノシシ肉をまた食べてみた

大分県豊後高田市

大分県から福岡県に移り住んでから、二ヵ月が過ぎました。今日は二ヵ月ぶりに豊後高田市に行ってみました。行った目的は”、鬼会(おにえ)の里祭り”が豊後高田市の天念寺(てんねんじ)で開催されるので、これを見学することです。2016年は11月20日に開催されました。

 

天念寺の場所:大分県豊後高田市長岩屋1152

現在地から天念寺:Google マップ

 

天念寺は、豊後高田市にすんでいたときは、すぐに足を運べた場所です。去年、鬼会の里祭りではじめて食べたイノシシ肉がおいしくて、これをまた食べるのも楽しみ。

鬼会の里祭りは朝9時から夕方の4時まであります。引っ越しをしてから二ヵ月経っているので、昔すんでいた場所とか、よく写真を撮っていた場所などをついでに周ってみることにしました。

 

周ってみると、想像していたよりも「ああ懐かしいな」という感慨が出ませんでした。なんだか豊後高田市で送っていた普段の生活をそのまま続けているような…車の外を流れる周りの景色は二ヵ月ぶりの景色だけど、毎日送っていた生活の一場面のようでした。

 

1年ぶりなんかに再訪すると「懐かしいな」という感じがでてくるんでしょうかね。

天念寺に11時頃きてみると、ご覧の通りたくさんの人があつまっていましたよ。

 

天念寺・鬼会の里で毎年開催される秋祭り。当日は地元の農産物の販売や、イノシシ肉の串焼き、打ち立ての蕎麦やとろろ飯などを楽しむことができる。ステージイベントも開催され、幼稚園児によるマーチング、カラオケ大会なども催される。(鬼会の里祭り | イベント情報 | 昭和の町・豊後高田市公式観光サイト

 

お目当ての、イノシシ肉!去年は串焼きだったけど、今年は鉄板で焼かれているようですね。

いやーこれですこれです↓見た目はなんだかパサパサしているような印象ですが、実際食べてみると適度に脂がのっていてほのかに甘く、食感は牛肉のよう。牛肉と違うのは歯ごたえがあること。シンプルに塩コショウだけの味がうれしいですね。

 

1パック300円で、大盛だと500円。ちょっと高くても、だんぜん500円の大盛をおススメします。

 

 

↓今年はふんぱつして山芋のとろろそばと、とろろご飯も食べてみました。そばとご飯セットで800円。

さすが、そばが名産の豊後高田市。そばは香り強くおいしい。そばは打ちたてだそうですよ。

麦ごはんに、山芋とろろがかけられて、シンプル醤油味。

 

そして最後は酢もち(100円)。販売所のすぐとなりで、杵と臼でもちがつかれています。つきたてのもちの、やわらかくて弾力があって甘くておいしいこと。

 まとめ

大分県の地方の小さな祭りは、参加するとほんわりと心温かくなる感じがします。地元の消防団のかたなど、祭りを開催している方々に感謝です。また行くことができたら行きたいと思います。

広告を非表示にする