読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

ずっと気になってた神社は平清盛の孫 安徳天皇が身を隠した場所だった

福岡県遠賀郡

平清盛の死後、平清盛の孫にあたる安徳天皇は源氏に追われ、九州の太宰府都落ちしました。その後、福岡県遠賀郡にある山鹿城に移りました。後に下関、壇ノ浦の戦いで平家は滅びるのですが、それまでの間、山鹿城で安徳天皇をはじめ、平家は身を隠したのだそうです。

このとき、山鹿城の家来である藤次秀遠が、大君という場所に安徳天皇のために、仮の御殿をつくったそうです。

その御殿があった場所には、今、大君神社が祀られています。

 

大君神社の場所:福岡県遠賀郡芦屋町山鹿

現在地から大君神社: Google マップ

 

大君神社は、福岡県遠賀郡 山鹿城があった場所のすぐ近く。↓こんな感じで、郊外にあるなんとも寂しい感じのする神社で、車で通るたびに気になっていました。こんもりとした小山になっていますね。鳥居はあるけど、どんな境内なんだろう。

実際に行ってみることにしました。

参道の石段は途中で途切れ、石段がなくなってからは、岩のゴツゴツした山道となります。

標高は31m程度なので、すぐに大君神社境内のある山頂にはすぐに辿り着きました。これは拝殿でしょうか↓

壁のない建物の奥には、安徳天皇が祀られている祠がありました。

菊の紋が刻まれている祠に手をあわせ、祠のさらに奥へと足を運びます。

さらに一基の祠と、もうひとつ祠が祀られていたと思われる台座。

祠の奥にはかすかに人の踏み跡がみられ、そのまま平坦な荒地を歩いて、青葉台という住宅街にでていけそうでした。

でも今日はここまでとして、引き返します。祠の裏側から境内をみると、木漏れ日が差し込んでいました。

神社の縁起を調べてみると、その土地の歴史がわかってきて、おもしろいですね。

広告を非表示にする