読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

レンタサイクルで姫島観光 島で唯一のパン屋さんにも行ってみた その1

大分県国東半島の北側に島があります。姫島という人口2600人ほどの小さな島です。2017年2月4日の晴れた日に、この島へ行ってみました。親子三人で、まだ娘は2歳ほど。島の各所観光ができるか不安でしたが、実際いってみると楽しい旅行となりました。

観光ができるか心配…というのは、島を巡る交通手段が手ごろな価格であるのかどうかが、詳しくわからなかったからです。

 

結論からいうと、姫島観光の足となる選択肢は

①自家用車

②レンタカー

③レンタサイクル

の3つでした。 

 

島にはフェリーで渡ることができますが、今もっている車の、フェリーへの乗り入れ賃は片道で2470円。ドライバー(ぼく)と幼児(娘)の船賃は無料。大人もうひとり(妻)の料金570円が車運賃にプラスされるので、片道2470+570=3040円です。

 

片道だけで3000円以上もかかってしまうなんて。①の選択肢はなしとなりました。

次の選択肢は、島でレンタカーを借りること。姫島では日産の小型電気自動車のレンタルがあります。だけど、これも1時間2000円と価格が高めで、かつ6歳未満の子どもは乗れないとのこと。②の選択肢も外れました。

最後に探し当てたのがレンタサイクル。なんと三件のお店で自転車のレンタルができるそうです。

 

1時間まで200円で、その後1時間ごとに100円追加なんだそうです。3時間乗ったとしても大人2人で800円。これなら安いですね。

ただ不確かだったのが、二歳ほどの娘を乗せて移動できるような自転車があるかどうか。いわゆるチャイルドシートが乗っている自転車があるかどうかがわからなかったので、ひとまずお店に行って聞いてみて、なかったら歩いて近所を観光しようということになりました。

 

めざす姫島へは、伊美港から出発します。伊美港からは、姫島は青く若干かすんで見えています。

船旅は20分くらい。それまでフェリーの船内で待機です。フェリーの1F客室もいいのですが、2Fにある座敷がのびのびできてよかったです。

あまり人がこなくて、もちろん暖房がきいてて暖か。小さな娘ははねまわっていました。

船旅の途中でふりかえると、国東半島の山々を眺めることができます。海上からの国東半島なんて、これまた新鮮な景色です。

2月4日の土曜日は、天気予報では降水確率が40から50%と微妙な空模様でした。行きのフェリーではこんな感じのうす曇りの天気。でも雨は降らなそうだったので一安心という感じ。

姫島が近くに見えてきました。

以前に姫島へ来たときは、大人だけだったり、ぼく一人だけだったりと身軽でしたが、今回は小さな子連れ。どんな感じの旅になるのか。このときは不安もありました。

姫島に上陸してからの記事はまた次回に。

広告を非表示にする