読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

町中のお寺にある庚申塔 八幡西区穴生(あのう) 弘善寺

これまで庚申塔は郊外の古いお寺とか神社、あるいは地方の村の片隅に祀られているというイメージでした。今回の庚申塔北九州市八幡西区という町中にありました。珍しくにぎやかな場所にもあるんだなという、なんとも新鮮な感じでした。

弘善寺 庚申塔の場所:福岡県北九州市八幡西区穴生2丁目6−1

現在地から弘善寺の庚申塔Google マップ

 

お寺前の駐車場の一角に地蔵堂と、庚申塔が祀られていました↓。

「庚申尊天」と刻まれた文字塔。

庚申塔に向かって右側面には、享保十五年の文字が刻まれています。西暦に直すと1730年。いまから287年も前に造られたんですね。庚申塔のすぐそばにある案内看板によると、この八幡西区あたりで一番古い石碑なんだそうです。

↓風化がすすんでいて、庚申塔に向かって左側にある文字は見えなくなっています。有志のかたがたにより、この庚申塔は修復されたらしいのですが、白い部分↓は修復跡なんでしょうね。

庚申塔を探してまわると、ふだんなら足を伸ばさないような場所まで、自然と行くことになります。少しずつですが、地元の地理に詳しくなってくるのが、なかなか楽しいですね。

広告を非表示にする