読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

白山神社の庚申塔 北九州市若松区 赤島町

事解男命(ことさかのおのみこと)
伊弉冉命(いざなみのみこと
菊理姫命(くくりひめのみこと)

 

の三神が祀られている白山神社北九州市若松区を車で走っていると、以前から、この神社は古そうだな…という印象を持ってた神社です。ここなら、庚申塔が祀られているんじゃないかと思って、今回、足を運んでみたわけです。 

場所:福岡県北九州市若松区赤島町14−12

地図:Google Maps

 

神社のある場所は、家々が密集した住宅地。駐車できるスペースがないんじゃないかと、ヒヤヒヤしながら、神社周囲を車で周ってみました。幸いにも、境内の西側に、車4、5台ほど停められる専用の駐車場がありました。

 

境内にあがり、ひとまず参拝。境内を見渡してみても、庚申塔らしきものがなく、一度は、あきらめて駐車場に戻りました。

 

ただ、思い直して、もう一度境内を散策してみることにしました。じっくりと探したら、もしかしたら、拝殿の裏側に庚申塔が祀られているかも。 

はじめて、訪ねる神社はちょっと緊張してしまいます。土地勘がないので、あまり神社内をうろうろしてたら、近所のひとに怪しい人と睨まれるんじゃないかと、なかなか怖い。気が小さいのです。

 

手早く、境内を散策してみると、拝殿の右側。赤島稲荷が祀られている、すぐ右隣に、数基の石塔が祀られていました。ありました。庚申塔です。

 

文字が、もう風化してて、ほとんど僕には何が刻まれているかが、判別できませんでした。ただ、中央部分に「庚申塔」と刻まれているようです。その両隣につくられた月日が刻まれているようですが、これは読み取れませんでした。

自然石で、そのまま作られたものではなく、ちゃんと墓石のように装飾がほどこされています。

↑上の庚申塔の左隣にも、自然石の塔が立てられてて、こちらも、もしかしたら昔、何か文字が刻まれてたのかもしれないけど、判別はできませんでした。もしかしたら、庚申塔ではないのかも…

↑上の石塔から、ひとつ祠をはさんで左側へ目を移すと、一番初めに見た庚申塔と同じタイプの石塔がありました。こちらも正面の文字は判別できず。

ただ、石塔の両側に年月が刻まれていました。「宝暦十 天」。宝暦十だから西暦1760年ということはわかる。でも「天」ってなんでしょう?宝暦十年は、庚辰(かのえたつ こうしん)の年。庚申塔がつくられやすかった年なんでしょうかね。

もうかたほうの面には、三月十五日と刻まれていました。

白山神社からみる、洞海湾の景色はきれいでした。

広告を非表示にする