日々の”楽しい”をみつけるブログ

写真と登山好きのku-(くー)といいます。日々の生活に楽しみをみつけて、紡いでいこうとするブログです。

卵の王様 貴黄卵(きおうらん) 直売所で買って食べてみた 福岡県鞍手郡

大分県の宇佐や、豊後高田市では、戦後の食糧難をのりきるために、たくさんの養鶏場ができました。それに伴い、鶏卵を販売するところもたくさんあります。だから、めずらしい、鶏卵の自動販売機なんかもあります。

 

ooitasyuyu.hatenablog.com

 

福岡県に移り住んでから、こういう、鶏卵の自販機はみかけたことがありません。残念。どこかに、おいしい卵は売られていないかな…と探してみました。そんなときに、ここを見つけました。

「卵の王様」と銘打つ貴黄卵(きおうらん)を販売する、貴黄卵生産直売農場

 

場所:福岡県鞍手郡鞍手町大字中山1024−1

地図:Google マップ

 

広々とした敷地に、砂利の駐車場があって、駐車しやすい場所でした。たしか、入口の扉に書かれていた営業時間は、夜7時までだったと思います。比較的遅くまでやってらっしゃいますね。

店内には、卵以外にも、つけもの、こんにゃく、野菜などが売られていました。でもやっぱり卵がメインで、カウンターにたくさんの卵がおいてありました。

 

卵のサイズで分けられてて、プラスチックパックとか、網ネットとか色々。個数で売られているものや、重さ(キロ数)で売られているものもありました。ぼくは記憶力が弱いので、詳細は挙げられないのですが、たしかひとネット500円弱とかそんな感じでした。

 

インターネットで貴黄卵のことを調べてみると、ネット販売が主流のようで、楽天市場で購入ができますね。お店のなかも、全国へ向けての配送作業でいそがしそうな印象でした。

 

鞍手町が誇る上質素材のひとつが「貴黄卵」です。「卵の王様」とも呼ばれるこの卵は徹底して管理された親鶏から産まれました。


デリケートな親鶏をストレスから守るために、鶏舎は四季を通して常に快適な室温、湿度、暗さに保たれています。また独自の飼料には海藻の粉末、カニの甲羅の粉末、オリゴ糖、納豆菌などを配合。


卵の栄養価が上がるだけでなく、親鶏の体内で育ったビフィズス菌が悪玉菌を退治してくれます。そうして産まれた貴黄卵の黄身は、鮮やかなオレンジ色。良質な蛋白質、ビタミン類、ヨードなどを豊富に含みます。

 

参照:【楽天市場】【九州産特選地卵】貴黄卵20個セット(Lサイズ)【卵の王様・貴黄卵】:日本通販ショップ楽天市場店

 

ちなみに、屋外の看板には「低コレステロール、低脂肪、低カロリー」と書かれていましたよ。

 

お店で売られていたなかで、お手頃な価格だった、プラスチックパックのものを買わせてもらいました↓10個で310円。一個あたり31円。ちょっと割高ですが、味のほうはどうでしょうか?

おお、大分県の自販機で買った卵と同じように、卵黄が濃い!ちょっと赤みがかってます。そして白身がプルプル。ちょっとや、そっとで卵黄がつぶれませんね。

醤油をかけて…

卵黄をつぶすと、その濃厚さがきわだちます。卵のいい香りが鼻にぬけていく~、おいしい~。

卵かけごはんにして食べても安心っていうのは、いいですね。