日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、庚申塔を中心に史跡を巡っています。主な行動範囲は九州北部。Nikon D750を使って史跡の魅力を写真でおさめられたら…と試行錯誤しています。

よく利用する大分県のそば饅頭屋さん 禅海 玖珠郡玖珠町森

大分県中津市にある耶馬渓(やばけい)では、そば饅頭が名産ですが、ぼくはここのそば饅頭屋さんをよく利用させていただいてます。

 

場所:大分県玖珠郡玖珠町森5124-1

地図:Google Maps

もう、この場所になると中津市ではなくて玖珠(くす)郡になってしまってます。このそば饅頭屋さんは、禅海(ぜんかい)という名前。この記事を書くにあたり調べてみると、おおもとの企業名は新栄堂ということがわかりました。参照:新栄堂

 

新栄堂が玖珠郡の会社なので、そば饅頭屋さんも玖珠にあるんですね。のぼりには「がんこじいさんのそば饅頭」って書いてますけど、店頭に立たれているのは女性の店主。商品を買ったときには、いつも1~2個、できたてのそば饅頭をサービスしてくれます。

ずっと前、田中陽希さんが日本百名山をひとふで書き踏破する番組「グレートトラバース(NHK)」で、ここのご主人と交流されているのを見ました。知っている場所がでてうれしかったですね。

 

そば饅頭は、やっぱりできたてのホカホカが、そばの香りが強く感じられて、抜群においしいです。

饅頭の8割がたが、甘さひかえめのアンコで占められています。お店は不定休なので、「行ってみたけど閉まってた」…ということがたびたびあります。まあ、閉まってたら残念だけど、「今日ははずれ」と軽く受け流すようにしています。また、寄れる機会があれば行ってみます。