日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、庚申塔を中心に史跡を巡っています。主な行動範囲は九州北部。Nikon D750を使って史跡の魅力を写真でおさめられたら…と試行錯誤しています。

福岡県宗像市多禮(たれ)の庚申塔

昨年、世界遺産に登録された宗像大社。正確にいうと宗像・沖ノ鳥島関連遺産群。その関連遺産群のひとつ、宗像大社 辺津宮(へつみや)ちかくに今回の庚申塔は祀られています。

 

場所:福岡県宗像市多禮(たれ)

地図:Google マップ

 

地形図で場所を確認してみると、庚申塔の場所は、ほんとに宗像大社の目と鼻の先です。歩いて15分ほど。

 

多禮(たれ)という集落の北側入口に、庚申塔は祀られていました。

正面には、かろうじて「庚申尊天」と刻まれているのが確認できます。もしかしたら造られた年月日が刻まれていたのかもしれません。

側面には、何も刻まれていませんでした。庚申塔は岩壁にくっつくように立っていたために、裏側は確認することができませんでした。

 

今回の庚申塔も↓こちらの「福岡県の庚申塔」マップに追加しました。

福岡県の庚申塔