日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、庚申塔を中心に史跡を巡っています。主な行動範囲は九州北部。Nikon D750を使って史跡の魅力を写真でおさめられたら…と試行錯誤しています。

棚田にある庚申塔 大分県宇佐市 滝貞

日本の棚田百選に選ばれた両合棚田。その棚田を見下ろす農道脇にこちらの庚申塔は祀られていました。舟型で「猿田彦尊」と刻まれています。

場所:大分県宇佐市院内町滝貞

座標値:33.363431,131.313532

 

庚申塔に向かって右側面に天保八の文字。天保八年は1837年。

庚申塔に向かって左側面に「八月吉日」と刻まれます。その文字の右上にも何か文字が刻まれていますが、「酉」という文字に見えます。天保八年の干支が「丁酉(ひのととり)」なので「酉」の文字が刻まれているのかもしれません。