日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、庚申塔を中心に史跡を巡っています。主な行動範囲は九州北部。Nikon D750を使って史跡の魅力を写真でおさめられたら…と試行錯誤しています。

木下磨崖仏 豊後大野市大野町

場所:大分県豊後大野市大野町十時

座標値:33.054543,131.53178


f:id:regenerationderhydra:20180813035140j:image

大分県は日本のなかで最も磨崖仏がある地域で、国東半島、臼杵地方、大野川流域で特にその数が集中しているそうです(参照)。

 

木下磨崖仏は、大野川へとそそぐ十時川の近くに祀られており、その3地域のなかの大野川流域に該当するものと考えられます。

 

磨崖仏のある場所は大分県道41号線から外れ、農道を車で5分ほど入ったところ。

 

十時川に沿って民家がポツポツと点在する感じの地域でした。そのうちのひとつの民家の裏側に磨崖仏は祀られていました。

 

磨崖仏までの道のりはこのような風景です↓
f:id:regenerationderhydra:20180813043246j:image

車が通れる農道よりさらに狭くなった道を徒歩で進みます。「木下磨崖仏」の看板が立てられていなかったら、とてもわかりません。
f:id:regenerationderhydra:20180813043328j:image

民家のわきを通らせていただき…
f:id:regenerationderhydra:20180813043348j:image

宝篋印塔が見えるヤブの中へ進んだ先に磨崖仏が見えてきました↓
f:id:regenerationderhydra:20180813044639j:image


f:id:regenerationderhydra:20180813044812j:image

 

岩壁に10体の石仏が彫り出されています。こちらのサイトに詳しい情報が紹介されていますので、箇条書きで引用させていただきます。

 

地上から約1.8m程の岸壁に横長のくぼみを掘っている

 

そのくぼみは高さ1.1m、幅5.6m

 

くぼみの中に比丘形六体、如来形二体、菩薩形二体の合計10体の座像が刻まれる

 

向かって右端の比丘形坐像は願主像と推定

 

他の比丘形は地像菩薩像か願主一族かのいずれかとであると推定

 

磨崖仏の傍らにある宝篋印塔の銘(永和元年八月十八日 比丘元玉)から、これらの諸像も南北朝の年末頃の作と推測


f:id:regenerationderhydra:20180813044845j:image

福岡県へ移り住んでから、大分県南地域の磨崖仏を巡ることがほとんどできなくなりました。今回は久しぶりの磨崖仏探訪となり、楽しいひとときとなりました。